不安症状の治療にヨガが有効?米国の医療現場でヨガが受け入れられている理由

RICK CUMMINGS

不安症状の治療にヨガが有効?米国の医療現場でヨガが受け入れられている理由

GINNY GRAVES
GINNY GRAVES
2017-11-21

ヨガは、不安に苦しんでいる人にとって命綱となりうる。アメリカでは、医師たちが補完療法として患者にヨガを勧めるということが増えている。ヨガがもたらすものは何なのか?その理由に迫った。

不安の治療に当たる医師や精神科医は、ヨガを認めるのに時間がかかることが多い。「つい最近まで薬物治療が最も研究されてきた治療法であったため、医学界の人の多くが薬物治療を偏重していました」と医学博士でありサンフランシスコのサター・パシフック医療財団の健康治療クリニック研究所に勤務する統合医学医師のジェニファー・グリフィンは語る。「しかし、医師の姿勢は変化しつつあります。私の患者の中にも不安と戦っている人たちがいますが、私はめったに薬を処方しません。ヨガのように全人的な方法を処方するほうが私自身気分がいいのです」。

Model by Crystal Hinton
Styling by Emily Choi
Hair&make-up by Danica Jardien
Text by Ginny Graves
Translated by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.45掲載

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する