寒さが本格化する前から取り入れたい!朝のカンタン"温活"習慣

Adobe Stock

寒さが本格化する前から取り入れたい!朝のカンタン"温活"習慣

多くの女性の悩みの種と言える「冷え」の季節が徐々にやってきます。冷えない体作りのための対策は日頃からとっておきたいもの。ヨガも取り入れた簡単な朝の習慣をつけてみませんか?

白湯を作って飲もう

夏のような暑さがなくても、そして汗をかいたように感じなくても睡眠中には体内から水分が失われています。温かい白湯で胃や腸を少しずつ温めながら失った水分を補給しましょう。お湯だけでは飲みづらければレモンや生姜を少し加えて。消化機能を高める効果も期待できるので朝食をとりながら飲むのも良いでしょう。

kettle
Photo by Kowit Phothisan on Unsplash

白湯の作り方

やかんを使うのがベスト。強火で沸かして沸騰したら蓋をとって湯気を上げながら10分程度沸かし続けます。この間換気扇を回すなどして風を入れるようにして。出来上がった白湯を飲める程度まで冷まします。

参考:『きょうの毒出し』著者:蓮村誠

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

eyeoftheneedle
kettle
ankle_stretch
chairyoga
寒さが本格化する前から取り入れたい!朝のカンタン"温活"習慣
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する