桃尻を作るトレーニングにプラス!尻トレを飽きずに続けるためのアイデア3つ

photo by Dmitry Lobanov/Adobe Stock

桃尻を作るトレーニングにプラス!尻トレを飽きずに続けるためのアイデア3つ

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-04-21

ヒップアップのトレーニングって地味だしつらいし、毎日行うと飽きてしまうこともありますよね。プラスアルファのバリエーションを楽しめるアイデアをご紹介!

定番のヒップアップトレーニングにアレンジを加えよう!

プリっとした垂れてないお尻を作るのに大切なヒップアップトレ。でも地味だしつらいし、後姿だから効果も自分の目で感じづらいのが難点。そんな時はおなじみのヒップアップトレを、その日の気分に合わせてアレンジを加えてみましょう!

定番のヒップアップトレーニング

膝の下にかかとが来るようにして脚をセットし、お尻をアップします。10~20回、お尻周りの筋肉を意識して行いましょう。

ヒップアップトレーニング1
膝の間が開かないように意識しましょう

ヒップアップトレーニング バリエーション1:片足を膝の上に!

片足を膝の上に置いて、お尻をアップ。片足10~20回ずつ行いましょう。

ヒップアップトレ2
バランスを崩さないように手の平でマットを押さえながら行いましょう

ヒップアップトレーニング バリエーション2:片足を天井方向に上げて

さらに負荷を上げたいなら、片足を天井方向にアップ。お腹のトレーニングにもなります。お尻を下げた時に上げている脚が下がらないように意識しましょう。片足10~20回ずつ行います。

ヒップアップトレ3
お尻を下げる時にゆっくり行うと、さらにプルプル度がアップします

ヒップアップトレーニング バリエーション3:膝を両サイドに開いて

足の裏同士を合わせて、小指側をマットにつきます。膝を両サイドに開いてお尻をアップ!10~20回行いましょう。

ヒップトレーニング4
お尻をマットにおろした時にお腹の力を抜いてしまうと、腰が反って腰痛の原因になることがあります。
お腹の力も入れ続けるように意識してみましょう

ライター/伊藤香奈
ヨガビジネスアドバイザー、ヨガインストラクター、ヨガライター、会社員。ハワイでヨガインストラクターの資格を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年にヨガインストラクターのビジネスサポートを行う「ヨガビジネスアドバイザー」として独立。ビジネス講座やマンツーマンのコンサルティングを通して、ヨガインストラクターの活躍を裏から支えている。Instagram:@itokana45

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヒップアップトレーニング1
ヒップアップトレ2
ヒップアップトレ3
ヒップトレーニング4
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する