【動画】股関節まわりの筋力をアップ|Around 50歳からの「大人ヨガ」

【動画】股関節まわりの筋力をアップ|Around 50歳からの「大人ヨガ」

『ヨガジャーナル日本版』66号に掲載「Around 50歳からの「大人ヨガ」」の一部を動画で解説! 本誌では、その他アラフィフのためのポーズをたくさんご紹介しています。あわせてチェックすると理解もより深まるので、ぜひ手に取って読んでみてくださいね。

元気な体、老けない体をつくる「大人ヨガ」メソッド

加齢とともに衰えていく筋肉や関節。さらに、ホルモンバランスの崩れで不調も現れはじめるAround 50歳。悩める体と心に活力を与え、さらに美しく年を重ねていくための基礎をつくる「大人ヨガ」を、アラフィフ世代の人気ティーチャーが伝授します!今回「股関節まわりの 筋力をアップ」を教えてくれるのは、整形外科ヨガ認定主任講師としても活躍する西川尚美先生です。

中臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングを強化

お尻上部に位置する中臀筋、太腿前面の大腿四頭筋、太腿裏のハムストリングは加齢によって、特に筋力が落ちやすい部分。ここを鍛えることで下半身が安定し、股関節の動きがスムーズに。

How To

①四つん這いになり、肩の真下に手、腰の真下に膝がくるようにセット。足の甲は床につけて。8回×3セットを目安に。

②お腹を床と平行にしたままお尻上部の中臀筋を使って左膝を床から真横に上げて下ろす動きを繰り返す。反対側も同様に

教えてくれたのは…西川尚美先生
2004年サンディエゴでヨガに出会う。整形外科ヨガ認定主任講師。ポールグリリー陰ヨガTT500時間修了。整形外科でクラスを担当。

ヨガジャーナル 日本版66号のテーマは「ヨガが上達する基本ポーズの深め方」

本誌『ヨガジャーナル日本版』66号の特集テーマは「ヨガが上達する基本ポーズの深め方」。ヨガの深まりが感じられず、「なんとなくやっているだけ」になっている方は必見。見逃しがちな「大切なポイント」を改めて確認し、本当の上達を目指しませんか?

まずは「基本の20ポーズ決定版」(入門、前屈、側屈、後屈、バランス)で意識すべきポイントと動かし方をチェック!続いて、自分では気づきにくい「間違った頑張り」や、ポーズ安定に役立つ「ヨガ上達のための筋トレ」で苦手克服や上達を目指します。さらに有名ティーチャーが「生徒に必ず教えていること」では、クラスでよく耳にする「息を吐ききって」や「腹筋を引き入れて」といったインストラクションの理由や正しく行えているかについて紐解いていきます。

ヨガジャーナル 日本版 66号 すみれ
表紙を飾るのは、女優・歌手・モデルのすみれさん

媒体名:『ヨガジャーナル日本版』66号
発売日:2019年7月20日(土)
定価:1,000円(税別)
発行・発売:株式会社セブン&アイ出版

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)Sayaka Ono
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
illustration by Nanayo Suzuki
text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する