【動画】腰痛改善シークエンス|Around 50歳からの「大人ヨガ」

【動画】腰痛改善シークエンス|Around 50歳からの「大人ヨガ」

『ヨガジャーナル日本版』66号に掲載「Around 50歳からの「大人ヨガ」」の一部を動画で解説! 本誌では、その他アラフィフのためのポーズをたくさんご紹介しています。あわせてチェックすると理解もより深まるので、ぜひ手に取って読んでみてくださいね。

元気な体、老けない体をつくる「大人ヨガ」メソッド

加齢とともに衰えていく筋肉や関節。さらに、ホルモンバランスの崩れで不調も現れはじめるAround 50歳。悩める体と心に活力を与え、さらに美しく年を重ねていくための基礎をつくる「大人ヨガ」を、アラフィフ世代の人気ティーチャーが伝授します!今回「腰痛改善シークエンス」を教えてくれるのは、スタジオ・ヨギーエグゼクティブ・ディレクターのキミ先生です。

腹筋→背筋強化→ほぐしの3アプローチで痛みを緩和(ジャタラパリヴァルタナーサナのアレンジ)

腰痛は、慢性的な座り姿勢の悪さにより腸腰筋が硬くなることが原因のひとつ。姿勢の悪さは呼吸を浅くし、交感神経を優位に。症状緩和には腹筋を鍛えて骨盤を安定させ、後屈で背筋を強くし、ねじって腰をほぐす順番で。血行も促されます。

HOW TO

①仰向けになり、肩のラインで両手を広げ、肘を曲げる。膝を立てて床から足を上げ、膝と足首を直角にしてすねと床を平行にする。

②両脚を揃え、吐く息で約45度左側にゆっくり倒す。次に、吸う息で両脚をゆっくり元の位置に戻す。反対側も同様に。3往復を目安に行う。

③仰向けになり、両脚を腰幅に開く。腕を軽く広げ、手のひらを上に。目を閉じて全身の力を抜き、10分休む。

教えてくれたのは…キミ先生
スタジオ・ヨギーエグゼクティブ・ディレクター。瞑想をライフワークにさまざまな流派のハタヨガ、ヨガ哲学、呼吸法、瞑想を学ぶ。

ヨガジャーナル 日本版66号のテーマは「ヨガが上達する基本ポーズの深め方」

本誌『ヨガジャーナル日本版』66号の特集テーマは「ヨガが上達する基本ポーズの深め方」。ヨガの深まりが感じられず、「なんとなくやっているだけ」になっている方は必見。見逃しがちな「大切なポイント」を改めて確認し、本当の上達を目指しませんか?

まずは「基本の20ポーズ決定版」(入門、前屈、側屈、後屈、バランス)で意識すべきポイントと動かし方をチェック!続いて、自分では気づきにくい「間違った頑張り」や、ポーズ安定に役立つ「ヨガ上達のための筋トレ」で苦手克服や上達を目指します。さらに有名ティーチャーが「生徒に必ず教えていること」では、クラスでよく耳にする「息を吐ききって」や「腹筋を引き入れて」といったインストラクションの理由や正しく行えているかについて紐解いていきます。

ヨガジャーナル  日本版 66号 すみれ 
表紙を飾るのは、女優・歌手・モデルのすみれさん

媒体名:『ヨガジャーナル日本版』66号
発売日:2019年7月20日(土)
定価:1,000円(税別)
発行・発売:株式会社セブン&アイ出版

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)Sayaka Ono
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
illustration by Nanayo Suzuki
text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する