脱・硬いお尻!丸くて女性らしい、やわらかヒップを作ろう

Getty Images

脱・硬いお尻!丸くて女性らしい、やわらかヒップを作ろう

長時間のデスクワークに加えて、普段から体に力みがあると、お尻や股関節の外側に力が入り、硬くなってしまうことも。ヨガのポーズで硬くなったお尻の筋肉をゆるめ、丸くて女性らしいやわらかヒップを作りましょう!「子宮美人ヨガ」を指導するヨガインストラクターの仁平美香先生に教えていただきました。

お尻の筋肉をゆるめる「片側の鳩のポーズ」

臀部をしなやかにするリラックスポーズ。座っている時間が長い方や立ち方や歩き方にりきみがあると、脚の付け根やおしりまわりが固まりやすくなります。鳩のポーズで臀部をゆるめて、やわらかくて丸い女性らしいヒップラインをつくっていきましょう。目を閉じてできるだけゆっくり呼吸することでリラックス効果が高まります。

HOW TO

1.脚の位置をマットのラインと平行にあわせる

ももの側面がマットと平行になるように脚を曲げ、反対の脚もなるべくマットのラインと平行になるように、腰からまっすぐ後ろへ出るような意識で伸ばします。

2.上半身を倒し、おでこをマットにしずめ、全身の重さを感じて脱力

手で少しずつ歩きながら、上半身を前に倒していきます。手で枕を作って全身の重さを感じながら、おでこをしずめてゆっくり呼吸。呼吸しながら、曲げた足側のお尻を伸ばしていきます。3~5呼吸ほど続けます。

※手で枕を作る代わりに、丸めたタオルやクッションをはさむなど、ご自身がリラックスできる体勢でさらに数呼吸続けてもOK。

教えてくれたのは…仁平美香先生

ヨガインストラクター、「女性のためのヨガ協会」代表。重度のPMSや生理痛を克服した自らの経験をもとに「月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)」「体軸ヨガ」などを指導。セラピストとして整体も行う。2018年1月に、著書『カラダをゆるめてこころを整える はじめての月経血コントロールヨガ』(アンダーザライト・刊)を発売。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する