正しい「お尻」の作り方とは?|ヨガ解剖学

YJ US

正しい「お尻」の作り方とは?|ヨガ解剖学

KATE SIBER
KATE SIBER
2017-12-13

強く、バランスの取れた臀部は、安定した痛みのないプラクティスへの鍵だ。この重要な"お尻"の筋肉の構造を学ぼう。

お尻の呼び名はどうであれ、たぶん自分の臀部の見掛けを気にしたことがあるだろう。でもほとんどの人はお尻がどれほど有用かは考えていない。小さな支えている筋肉と共に、大臀筋、中臀筋、小臀筋は、臀部を内側と外側に回転したり、脚を引いたり、寛骨臼内で大腿骨を安定させている。臀筋の状態は、姿勢や腰痛、股関節痛、骨盤痛の予防や緩和にも大きな影響がある。

「臀部の筋肉は、すべての脊椎動物の生命維持のために重要です」とニューヨーク市のマンハッタン・フィジカル・メディシン医長であり、コロンビア大学メディカル・センター臨床学准教授を務め、5冊のヨガの本の著者でもあるローレン・フィッシュマン医学博士は言う。「これらは立ったり、歩いたりするのを助け、出産し(力のために行うことを考えてみて)、そして人体最大の筋肉の一部であり、座るときの衝撃を和らげています」


残念ながら、現代的な生活様式の一部は、臀部の過剰な発育、発育不全や左右の臀部の強度の差を引き起こす可能性がある。よくある原因は、ランニングのような活動のしすぎや姿勢が悪くなるデスクワークだ。臀部における筋力の不均衡は、臀部、脊椎の付け根にある骨板である仙骨の可動域に影響する可能性があり、前屈、立位やバランスのヨガポーズでの不安定さや痛みの経験には関わりがない。

Translated by Hiroe Humphreys

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

解剖学
木のポーズ
戦士のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する