タレ尻は背筋を伸ばすと治る?|理学療法士が提唱|背中を伸ばす3つの前屈ポーズ

IKKEN URAKAWA

タレ尻は背筋を伸ばすと治る?|理学療法士が提唱|背中を伸ばす3つの前屈ポーズ

ヒップアップのためには、背筋をまっすぐ伸ばして使うことが大切。背中の伸びにともなって骨盤がまっすぐ起き、お尻をキュッと引き上げます。理学療法士でヨガティーチャーとしても活躍する中村尚人先生に教えていただきました。

1.バランスをとりながら腿からお尻に刺激を「両足の親指をつかむポーズ」

床に座り、脚を肩幅程度に開いて両膝を立てます。両手で足の親指をつかみ、膝をゆっくり伸ばしましょう。背骨と脚を十分に伸ばすことで、お尻の筋肉が刺激されます。体幹も強化できて一石二鳥!

両足の親指をつかむポーズ
Photo by IKKEN URAKAWA

効かせるポイント

腸腰筋が使えていないと骨盤が後傾して腰が丸まってしまいます。まずは膝を90 度に曲げた状態で、骨盤をしっかり起こすことからスタート。腿の力を使わないよう注意して。

両足の親指をつかむポーズ
Photo by IKKEN URAKAWA

これもOK

膝は曲げたままでもOK。腿の前に力が入って固まっていないか、確認してみよう。

両足の親指をつかむポーズのアレンジ
Photo by IKKEN URAKAWA

Photos by IKKEN URAKAWA
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Illustrations by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.44掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

両足の親指をつかむポーズ
両足の親指をつかむポーズ
両足の親指をつかむポーズのアレンジ
開脚前屈
開脚前屈のアレンジ
座位の前屈
座位の前屈
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する