理学療法士に聞いた|美尻作りに「腸腰筋」が必要な理由|腸腰筋を使うための2STEP

PIXTA

理学療法士に聞いた|美尻作りに「腸腰筋」が必要な理由|腸腰筋を使うための2STEP

姿勢保持やポーズ上達においても重要かつ不可欠な筋肉が「腸腰筋」。正しく動かして、美しいヒップラインをつくりましょう。理学療法士でヨガティーチャーとしても活躍する中村尚人先生に教えていただきました。

美しいヒップラインは腰椎の前弯にあった!

「美尻をつくる筋肉」と言われて真っ先に思い浮かべるのは、大臀筋のようないわゆる「お尻の筋肉」ではないでしょうか。でも、意外なことにキーマッスルはほかにありました。それが「腸腰筋」です。腸腰筋は背骨と脚の骨をつないでいる筋肉で、主に上体を曲げたり腿を上げたりする動作で使われます。上半身と下半身をつないでいる筋肉なので、「姿勢」にも大きく関与します。

腸腰筋とは...

腸腰筋は背骨、骨盤、大腿骨をつなぐ筋肉で、大腰筋と腸骨筋から構成されています。股関節の屈曲、脊柱の前屈、姿勢の保持に使われます。腸腰筋とセットで動く筋肉として「恥骨筋」も覚えておきましょう。

腸腰筋
illustration by Misako Nakagawa

では、なぜこの筋肉が美尻のカギになるのでしょう。「それは、腸腰筋が腰椎の前弯をつくる筋肉だから。腰椎とは腰の部分の背骨のことで、正常な状態ではやや前弯しています。これこそが美しいヒップラインの正体。腸腰筋は腰椎に付着しているので、腸腰筋がゆるむと腰椎の前弯が崩れてしまいます。腰が丸まってお尻が垂れた状態は、まさに腸腰筋が使えていないからです」(中村先生)

Photos by IKKEN URAKAWA
Hair&make-up by Kousuke Hori(+nine)
Illustrations by Misako Nakagawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.44掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋の使い方
腸腰筋
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する