椅子ヨガで不眠を解消!ロドニー・イーが教えるリストラティブヨガ

SARAH KEHOE

椅子ヨガで不眠を解消!ロドニー・イーが教えるリストラティブヨガ

リストラティブヨガの第一人者、人気ヨガ講師ロドニー・イーが発信する不眠解消メソッド。使うのは、椅子やブランケットなど、身の回りにあるものだけ!たった5分ポーズをとるだけで、背中や腰、首などの緊張が和らぎ、リラックスした状態に導いてくれる。

椅子を使ったコンストラクティブ・レスト軽減ポーズ

椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
コンストラクティブ・レスト軽減ポーズ。5~10分キープ(Photo by SARAH KEHOE)

 

たたんだブランケット3枚、椅子、サンドバッグ(あるいは、何か別の重しになるもの)を用意する。ブランケットを1枚、椅子の上に置いておく。頭の下に別のブランケットを置いて横になり、脚を椅子の上へのせる。膝から足までが完全に椅子の上にのるように体の位置を調整する。腰のところが少し引っ張られるような感覚があれば、正しい姿勢になっているということだ。次に、3枚目のブランケットをお腹に置いて呼吸に意識を向け、リラックスした状態になる。すねの上にサンドバッグを置いて、ふくらはぎの緊張をとるようにする。腕は体側に沿って下ろし、手のひらを上にして目を閉じる。この姿勢を5〜10分保つ。

椅子を使ったスカーサナ(安楽座)

椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ
椅子を使ったスカーサナ。5分キープしよう(Photo by SARAH KEHOE)

 

椅子の前の床に座る。座った時に膝が股関節より下にくる厚さにブランケットをたたみ、骨盤の下に置く。もう1枚のブランケットを椅子の上に置き、クッションにする。息を吸ってウエストから体を伸ばし、息を吐いて体を前に倒す。額を椅子につけ、腕は頭の向こう側へ置く。この姿勢を保って5分間呼吸する。時間が半分過ぎたら脚を組みかえる。
体温を下げ、落ち着きをもたらすこの座位の前屈のポーズは、背中、腰、首、顔の筋肉の緊張をとり、感覚を内側へと向けて心の乱れを遠ざける。

Sequence by Colleen Saidman Yee Rodney Yee
Styling byAlyssa Shapiro
Hair&Make-up by Kally Sitaras
Translated by Yuko Altwasser
yoga journal 2016/12/11月号掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ
椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する