椅子ヨガで不眠を解消!ロドニー・イーが教えるリストラティブヨガ

SARAH KEHOE

椅子ヨガで不眠を解消!ロドニー・イーが教えるリストラティブヨガ

椅子を使ったプラサリータパードッターナーサナ(立位の開脚前屈)

椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
椅子を使ったプラサリータパードッターナーサナ。1~3分キープ(Photo by SARAH KEHOE)

 

立ち上がって椅子のほうを向く。たたんだブランケットを椅子の上に置く。両足を脚の長さぐらい開き、左右の足の内側を平行にする。体を前に倒し、頭と腕を椅子の上につける。この姿勢を1 ~ 3分保つ。このポーズは、首、肩、脚の裏側の緊張をとり、神経系を落ち着かせてくれる。

椅子を使った呼吸が楽になるポーズ

椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
椅子を使った呼吸が楽になるポーズ。5分キープしよう(Photo by SARAH KEHOE)

 

体の右側が背もたれにつくよう椅子に横向きに座る。丸めたブランケットとサンドバッグ(あるいはブランケット2枚)を椅子の背もたれの上に置き、右腕をそこにかける。脇の下に圧迫を感じるまで体を右へ倒す。左肩のほうに少し視線を向け、左手で右手首をつかむ。右足首を左膝の上にのせて組み、目を閉じる。
このポーズは、左側の鼻孔を開いて呼吸を楽にし、右脳を活性化すると言われている。脚を組むことで、右股関節の緊張がゆるむ。この姿勢を5分間保つ。

椅子とブランケットがあればできる手軽さ。ぜひあなたの生活にも取り入れてほしい。ボルスターブランケットを使った臥位の記事もあわせてチェックしてみよう。

  • 2
  • /
  • 2

Sequence by Colleen Saidman Yee Rodney Yee
Styling byAlyssa Shapiro
Hair&Make-up by Kally Sitaras
Translated by Yuko Altwasser
yoga journal 2016/12/11月号掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ
椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
椅子を使ったヨガで不眠症状を解消しよう。人気ヨガ講師ロドニー・リーのリストラティブヨガ実践
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する