忙しすぎる時にこそ「陰ヨガ」が良い10の理由

CRAY CLARK

忙しすぎる時にこそ「陰ヨガ」が良い10の理由

休みの日にヨガをする時間なんてないと思っていないだろうか。ポーズを保つ時間を3分よりはるかに短くしても無理だと思っていないだろうか。ヨガ・メディスンで指導をしているシャノン・スティーブンズが、陰ヨガが忙しい時にもっとも適したヨガである理由を説明する。

フルタイムのインストラクターとして、クラスでの指導と個人レッスンで1日の大半を慌ただしく過ごしている私にとって、エネルギーを充電し、心と体と精神を本来の状態に戻すためには陰ヨガの練習が欠かせない。陰ヨガは内観的なヨガで、陰ヨガを行えば、内側をみつめて、どの人にも備わっている静かで落ち着いたセンターを育てる機会を得られる。陰ヨガは、静止して根気強く行う非反応的な(刺激に応じて活動を起こさない)ヨガである。陰ヨガを行えばセルフケアがうまくできるようになる。また、内側に波長を合わせることによって、自分の声をもっとよく聴けるようになる。そして、自分のことをよく理解していくにつれてもっと知恵が働くようになり、自分の内なる世界を探っていくにつれて外の世界にもっと関心をもてるようになる。

陰ヨガを行うということは、思い通りにするのを諦めることだ。疲労回復という観点からすると、今の生活ではあまりにも斬新な考え方なのだ。陰ヨガの練習では一見、特に面白いことが起きないように思うかもしれない。しかし、波長を合わせることができれば、皮膚の下のさまざまな層で生じる魅力的な出来事に出会うことができる。納得していただけないだろうか。では、他に類を見ないこの治療を実践して、受講生たちと私自身が経験した治療効果と体にいい影響を10つのポイントに掘り下げて紹介しよう。

1.陰ヨガは可動域を取り戻すのに役立つ

可動域を健全に保つためには、さまざまな筋肉が互いに滑らかに動くことができるように結合組織の層が働く必要がある。しかし、結合組織はけがや毎日の姿勢の癖、または加齢によって固まる可能性がある。すると、いわゆる癒着が生じて、ひとつの筋肉の表面と別の筋肉の表面の間の滑るような動きが制限される。これは交通渋滞のようなもので、癒着によって栄養とエネルギーの流れが全身で滞り、その結果、痛みが生じるほか、体の動きが悪くなるという影響が出てくる。筋肉と筋膜を静かに伸ばすポーズを保つことは、癒着を解消するのに役立つ。また、関節と結合組織に軽いストレスをかけると、関節と結合組織の可動域が増大する。

Translated by Setsuko Mori

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

陰ヨガ
陰ヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する