ヨガはどのようにして小児がん患者を助けるか

YJ US

ヨガはどのようにして小児がん患者を助けるか

サン・ディエゴにあるラディー・チルドレンズ病院で行われているボランティアによるヨガプログラムは、小児がんの子供たちの生活の質を向上させている。

エメー・デルーナは病院のベッドでヨガのプラクティスを行っている。
エメー・デルーナは病院のベッドでヨガのプラクティスを行っている。写真:クリスティーナ・ドハティ

ブルー・サファイア色のソファ・ベッド。合成樹脂素材のクローゼット。動く度にうるさいティーワゴン。ジェイミー・ジャオはこの病院の一室で、息子であるサヴィオ–マカニ・ジャオが急性骨髄性白血病のために24時間体制の治療を受けた8ヶ月間のことを決して忘れません。しかし今日、彼は寛解して手に負えないほど元気な2歳半となり、赤いプラスチック製のレッド・フライヤーのカートに乗って、以前自分が暮らしたサン・ディエゴのラディー・チルドレンズ病院内のベッドルームを訪れました。「息子は下の階で遊びに夢中だったのでカートに無理やり乗せてきました」とジャオはため息交じりに私たちに述べました。サヴィオのエネルギーは有り余って、タービンに燃料補給できるのでは、と思うほどです。馴染みの看護師たちは彼のフサフサにしっかりと生えた艶のある黒髪を見てびっくりしています。つい昨年まで彼がフルタイムで化学療法を受けていたなど誰も想像がつかないことでしょう。

退院後5ヶ月が経ち、ジャオは夫と4人の子供たち(サヴィオは最年少)と共に家での生活を再開しています。彼女は見た目には疲れていますが、心の方は元気です。左肩の上のひどく凝っている部位を指差しながら「体にはストレスを抱えています」と彼女は肩をすくめます。

サヴィオがかつて過ごした病院の一室には、ボランティアで働くヨガティーチャーのリズ・フォッチの存在もありました。ブルネットヘアの彼女はいつも笑顔が印象的で、病院にずっと籠っているジャオを毎週のように訪れて緊張とストレスを解す手助けをしてくれました。「肩が良くなっているわ!」フォッチが勇気付けるとジャオは頷きます。「ヨガは肩や背中の痛みを和らげるのに役立ちました」と彼女は述べます。そして声を少し低くして述べます。「悪いことがあった日、ヨガは頭の中からそれを消し去ってくれました」

子供の学校やスポーツ練習への送り迎え、そして元気なサヴィオを家で追いかけ回していると自宅に戻って以来、定期的にヨガの練習をする時間を持てなかったと言います。

ジェイミーとサヴィ
かつて彼らが過ごしたサン・ディエゴにあるラディー・チルドレンズ病院を訪れた母ジェイミーと息子のサヴィオ–マカニ ジャオ 写真:クリスティーナ・ドハティ

ラディー・チルドレンズ病院で行われているがん患者とその家族向けのヨガプログラムは、ショーン・オシェイ財団(Sean O’Shea Foundation)によるボランティア活動で支えられています。ショーン・オシェイ財団は、非営利団体であり、若者たちがヨガやマインドフルネス、ポジティブな指導方法を通じ、自信をもてるように活動を行なっています。同財団はグロリア・オショイが2006年に自動車事故で死亡した息子であり、子供向けヨガティーチャーであったショーンを称えるために設立しました。彼は32歳でした。ショーン・オシェイ財団は2008年からサンディエゴの子供たちそして10代の若者たち向けのプログラムを行なってきましたが、2011年にラディー・チルドレンズ病院と提携し、がん治療を受けている子供たちとその家族のために研究に基づいたヨガのもたらす効果を活用してきました。フォッチのようなボランティアのヨガティーチャーの多くはヘルスケアの専門家であり、がんからの回復のためのヨガを専門とし、週3回ほど病院のオンコロジーを訪問し、患者やその家族、また親しい訪問者のために各部屋をまわって個人セッションを行います。セッションはだいたい30分程度で、ベッドの上で行うプラーナーヤーマや瞑想からボランティアが持参するカラフルなマットの上で行うアーサナまでを行います。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

エメー・デルーナは病院のベッドでヨガのプラクティスを行っている。
ジェイミーとサヴィ
神経芽細胞腫から寛解する間、ヨガプラクティスを続けた10歳のジュリア・デイヴィッドソン 写真:クリスティーナ・ドハティ
エメー・デルーナは治療を続けながら、乳がんを克服したピン・チャオと一緒にヨガプラクティスをしています
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する