「病の犠牲者になる必要なんてない」慢性疾患を受け入れることができた理由とは

yogajouranal US

「病の犠牲者になる必要なんてない」慢性疾患を受け入れることができた理由とは

ヨガジャーナルアメリカ版編集部は大学生の読者を対象に、ヨガが与えてくれた人生へのインパクトについて調査を行いました。エミリー・クルクさんは子供時代、友達と遊び、走り回る代わりに病院に時間を費やしていました。今回、彼女はリウマチ性関節炎の診断を受けた際、ヨガを通じて再び手に入れた心の平穏、そして体を動かす喜びについて語ってくれました。

話すことさえ疲れを感じた幼少時代

幼かった頃、年齢の近い友達が休暇中のロードトリップについて話している時に何のことか私には理解ができませんでした。何故なら私がしたことのあるロードトリップといえば、両親と共に異なる様々な医師を訪問することだけだったからです。やがて、何故自分は体育の時間に他の子供たちのように走ることができないのか疑問を持ち始めました。一見元気そうな時でさえ、「今日はただちょっと気分が良くないだけ」と説明しても自分の周りの誰一人同情してくれなかったことが不思議でなりませんでした。1年間、様々な検査や解析、診断そして誤診などを経て、ついに10歳のとき、リウマチ性関節炎という最終的な診断が下されました。当時のわたしは、この病気のせいで人生の半分を壊されたように感じていました。

診断が下る前の夏、話すことさえあまりにも疲れるため、居間のソファで過ごしていました。唯一の訪問者といえば、末梢挿入中心静脈カテーテル(ピック)を介して投薬を行うために毎週訪ねてくる在宅看護師だけでした。

新しい服を買いに行くよりも頻繁に新しいニーブレース(膝関節のサポーター)を選びに出かけていました。たくさんの時間、この病気に苦しまされ、その時間と同じくらい、この病気から逃げ回りました。

毎週の薬投与の日の話題になると、私は両親を避けていました。誰も本当の意味で私や病気のことを理解できるとは思えなかったですし、どうせ「リウマチって年寄りによくある病気?」なんて言われるだけだろうと、友人たちに事実を打ち明けることは避けていました。リウマチ性関節炎のせいで、早く大人になりたいと願うごく普通の人生は私にとって遠い存在となり、社会的に孤立するようになりました。高校生活時代も、リウマチ性関節炎のせいで鬱々とし、不安を感じ、全く救いようのない状態でした。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する