ジャタラパリヴァルタナーサナ
(腹部のねじりのポーズ)

ジャタラパリヴァルタナーサナ

解説

体幹芯部に柔軟性と力強さを生む。腹部をねじり、「絞る」ことによって内臓全体の血行を改善する。

効果効能

部位

効能

ポーズのやり方

1

仰向けになり、膝を胸に引き寄せる。呼吸を数回繰り返して、腰の結合組織を伸ばす。

2

腕を肩の高さで横に伸ばし、手のひらを上に向ける。息を吐きながら、膝を右に倒し、右肘のほうに引く。

3

左腕を脚の反対側によく伸ばし、ツイストのカウンターポイント(対称を成してツイストを強調させる点)にする。左腕がサンドバッグで押し下げられていると想像しよう。同時に、左肩甲骨を床にしっかりおく。

4

息を吐くたびに、腹部を左にねじり、膝から離す。(少し背を反るときのように)腰椎を積極的に内側に引くことによって、腰を活性化させ続け、体幹芯部を安定させてツイストを深める。

5

呼吸をするたびに、皮膚、結合組織、内臓、背骨がどのようにねじれているか感じよう。30秒間保ったら、膝を中央に戻す。反対側でも行う。

禁忌および注意すべきこと

①膝を骨盤より下におかないこと。腰に圧力がかかり、腰椎が損傷を受けやすくなる。膝が引き上げられていると、背骨、傍脊柱筋群、内臓をほどよくツイストできる。 ②左腕と左肩甲骨を床から離さないこと。ツイストのカウンターポイントがなくなって、肩、首、背骨の上部が損傷を受けやすくなる。

同じ姿勢でできるポーズ

関連記事