背骨の歪みが整う!「腹部のねじりのポーズ」が楽になる3つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

背骨の歪みが整う!「腹部のねじりのポーズ」が楽になる3つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「ジャタラパリヴァルタナーサナ」(腹部のねじりのポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターの柳本和也先生に教えてもらいました。

ジャタラパリヴァルタナーサナ(腹部のねじりのポーズ)とは

ポーズ名の由来: 腹部をねじる、ポーズの動きに由来する。
ジャタラ=腹部 パリヴァルタナ=ねじった アーサナ=ポーズ 腹部のねじりのポーズ

ポーズの効果

背中をねじることで背骨のゆがみを整え、自律神経のバランスをサポート。寝姿勢で胸を開くため呼吸が深まりやすく、心と体をリラックスへと導きます。

体が硬い人の場合…

脚が床につかず、肩が浮いてしまう。原因はお腹やお尻まわりの硬さ。肩甲骨まわりが硬いと肩も浮く。

easy
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

easy
pre1
pre1-2
pre2
pre3
1
2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する