体が硬い人こそヨガが向いている3つの理由

Getty Images

体が硬い人こそヨガが向いている3つの理由

ヨガ「ヨガを始めたい!」と決意しても、体が硬いから無理かもしれないと思って諦めたり、せっかくスタジオに体験の予約をしても、当日キャンセルしたくなったり、別に硬いままでもいいか…なんて諦めていませんか。確かにネットやSNSでヨガを検索すると「体は一体どうなっているの?」と思うような写真がたくさん出てきますよね。しかしヨガを行うのに体が柔らかい必要はないですし、実は体が硬い人のほうがヨガはおすすめなのです。その理由をご紹介します。

体が硬い人ほどヨガがおすすめな3つの理由

1.成長を体感しやすく、喜びも大きい

体が硬いと難しいポーズもあり、例えば前屈もなかなか深められずきついと感じる時もあります。周りの人が出来ているのを見るのは悔しいもの。しかしこれも最初だけ。体が硬い分だけ伸びしろがあるのです。練習を重ねれば、必ず柔らかくなるもの。ヨガを始めたばかりの頃は、とにかく下半身の筋肉が痛くて辛かったダウンドックも、いつの間にか気持ちいいポーズと思えるようになるでしょう。この成長は、体が硬くないと味わえない経験ですし、ヨガをする上でも大きな喜びにつながるでしょう。

2.ケガをしにくい

体が硬いと無理して伸ばしたとき痛身を感じます。それゆえに、無理やり伸ばすような無茶はしなくなります。これはヨガをする上でとても大切なことです。ヨガをしていると無理やり伸ばそうとしたり、思った以上の負荷をかけ、ケガに繋がってしまう場合もあるのです。体が硬いということは、自分で自分の体の限界がわかるということ。

3.継続するきっかけに

体を柔らかくするには練習を重ねるしかありません。なのでレッスンをコンスタントに受ける必要があります。これはヨガを続ける良いきっかけになります。柔らかい人だと練習しなくてもポーズが取れてしまうので、レッスンをコンスタントに受ける必要性がないと感じる可能性もあります。何か1つのことをコツコツと続けることはあなたの人生の中で大きな自信につながるかもしれません。

自分のためだけでなく、誰かのためになるときも

今回は自分自身のためにつながる3つのポイントを紹介しましたが、もしあなたがインストラクターを目指そうと思った時に、体が硬かったという経験があったほうがインストラクターとして生徒さんに寄り添える存在になるのではないでしょうか。「昔は私もこのポーズの時にここが痛くて・・・」と生徒さんの気持ちが分かり、アドバイスもしやすいはず。

「体が硬いからヨガは無理!」と決めつけずに、やりたいと思ったらぜひあなたのココロに従ってみましょう。思った以上にヨガにはまるかもしれないし、趣味のひとつになり、あなたの人生をより豊かにしてくれるキッカケになるかもしれません。

ライター/古賀奈津美
専門商社のサラリーウーマンとして毎日めまぐるしく働き心身ともに疲れていた時、ヨガに出会う。今まで全く意識したことのなかった、呼吸や体の使い方、筋肉の状態について気づき、周りと比べずに自分の内側を知る事で心が楽になり、一気にヨガの虜に。サラリーウーマンをしながら資格を取得し、仕事をしつつ週末のみレッスンを開催。今後の人生を考えた時にもっとヨガの良さを私から広めたいと思い、フリーランスのインストラクターとして転職。現在は都内ヨガスタジオ、イベントなどでレッスンを開催中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する