ヨガがマンネリ化? マンネリを打ち破る7つの方法

Yoga Hawaii Magazine

ヨガがマンネリ化? マンネリを打ち破る7つの方法

ヨガを始めた当初は、高い目標に向かって頑張っていたあなたも次第に熱が冷めてマンネリ化しはじめている?そんなあなたにヨガハワイマガジンが、7つの脱マンネリ方法をシェアしてくれた。

誰でもヨガの旅を始めたときは、ヨガに夢中になって高い目標を掲げるものです。しかし、その熱も次第に冷めていき、マンネリに陥ることがあります。おそらく皆さんはヨガを始めたときに、身体面を重視していたのではないでしょうか。最初は上級ポーズをマスターしたいと思っていたのに、今はそのワクワク感がなくなりつつありませんか。あるいは、最初は瞑想の要素の強い練習をしていて、深い静寂を得る練習を楽しんでいたのに、またかつての落ち着かない感じが忍び寄ってきているのかもしれません。人間関係と同じように、長く続けているとヨガの練習にも浮き沈みがあるものです。

人一倍熱心に練習している人にも停滞期があって、やる気が湧かなくなり、面白みや新鮮さを感じなくなることがあります。このような苦しい時期に何をするかによって、その後練習を長く持続していくうえで大きな違いが生まれてきます。日々の練習への意欲を新たにする7つの方法を紹介します。

1.自分のタイプに立ち向かう

あなたが運動が得意で、体系的に練習することを好み、力強いフローの要素のあるヨガを楽しんでいるとします。一週間通してまじめにレッスンに通い、どのポーズにも自信がありますが、最近は太陽礼拝や戦士のポーズのシークエンスに少し飽きています。毎日決まったことをしたくなるのは当然のことですし、型にはまったシークエンスをすれば間違いなく、体系的に練習をしている気持ちになりますし、予測性も得られます。

ヨガハワイ
yoga HAWAII magazine

毎日の練習に、陰ヨガリストラティブヨガ、または基本的なハタヨガのレッスンなど、緩やかなレッスンを加えてみてはどうでしょう。このようなヨガでは、ポーズを長めに保ってゆっくり深かめていき、典型的なパワーヨガのレッスンよりも座位のポーズを多く練習します。これとは反対に、あなたが普段、パワー、フロー、アクロ、ホットと名がつくレッスンを避けているとしたら、きびきびとしたレッスンに参加して毎日の練習を一新させましょう。体力をつけるのにも役立つはずです。多様な練習を行えば、さまざまな筋肉を強化することが求められて、体力と柔軟性が高まります。力強いシークエンスでも緩やかなシークエンスでも、新たなシークエンスを加えることによって、間違いなく新鮮な気持ちを保てます。

2. クンダリーニ(根源的な生命エネルギー)を動かしてみよう

ヨガのほとんどの身体的要素は、似通ったハタの基本原理に則っています。しかし、ヨギ・バジャンが創設したクンダリーニヨガは、ほかのヨガとは劇的に異なります。チャクラ(エネルギーポイント)を通じてエネルギーを動かし、心と体の両方を浄化して清澄な状態にすることに意識を集中させるクンダリーニの練習をすれば、もっと楽に瞑想状態に入れるようになります。単純な動きを繰り返すことで知られているクンダリーニヨガの驚くほど激しくて難しい呼吸法を行えば、レッスンが楽しくなるうえ、運動効果も高まります。

Translated by Setsuko Mori

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ハワイヨガ
ヨガハワイ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する