パートナーとの官能的なヨガ・セッションにおすすめする16曲

パートナーとの官能的なヨガ・セッションにおすすめする16曲

パートナーとのヨガセッションを盛り上げるための官能的な洋楽ミュージック・ミックスをお届けします。

ヨガジャーナル オンラインがお届けしているミュージック・ミックス。今回は、女性としての魅力を最大限に引き出すソウルフルでエモーショナルな選曲をお届けします。情熱的なR&Bチューンは、きっとあなたとパートナーとのヨガセッションのムードを盛り上げてくれるはず。寒い冬はおうちヨガで女子力を高めてみては?

官能的なヨガ・ミュージック16曲

1. "Green Aphrodisiac," Corinne Bailey Rae
2. "Sugah Daddy," D'Angelo
3. "Thinkin Bout You," Frank Ocean
4. "Wicked Games," The Weeknd
5. "Come and See Me," PARTYNEXTDOOR, Drake
6. "Turnin' Me Up," BJ The Chicago Kid
7. "How That Taste," Kehlani
8. "Church," BJ The Chicago Kid, Chance The Rapper
9. "Lady," D'Angelo
10. "Right to Be Wrong," Joss Stone
11. "Should I Stay Or Should I Go," KT Tunstall
12. "Fallin'," Alicia Keys
13. "I Put A Spell On You," Nina Simone
14. "On & On," Erykah Badu
15. "High For This," The Weeknd
16. "Girl," The Internet, KAYTRANADA

Translation & Edit by Kanako Uchiyama

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する