リラックス脳が体をゆるめる!硬い体をほぐすための4つのイメージ

PIXTA

リラックス脳が体をゆるめる!硬い体をほぐすための4つのイメージ

綿本彰
綿本彰
2018-01-19

初心者、体の硬い人がヨガを行うときは、一生懸命に体を柔らかくしよう、ポーズをとろうとして逆に体を硬くしてしまい、一向に柔らかくならないというケースが起きやすい。そんなときは日常生活のエピソードを思い出して、身構えてしまっている体をほぐしてあげるのが有効。日本を代表するヨガ指導者の綿本彰先生に、脳をリラックスさせるイメージについて話を聞いた。

張して体が硬くなった状態でヨガをするのは、筋肉の鎧を着てポーズするようなもの。ただ初心者や体の硬い人がこの緊張を取ろうとすると、一生懸命リラックスしようとして、むしろ体に力が入ってしまうことも多い。このとき緊張しているのは、首と胸の2ヵ所。この2ヵ所は呼吸と密接な関わりを持っていて、私たちが強引に物事を行おうとすると特に緊張しやすいポイントだ。初心者は、過去にこの部位がリラックスしていた場面を思い出すことで、自然な脱力を引き起こすことができる。できればポーズをとっている最中にこういったエピソードを思い出し、強引な気持ちをリセットして脳をリラックスさせ、身構える体をゆるめてポーズの完成度を高めていこう。

yoga Journal日本版Vol.17掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

リラックス脳が体をゆるめる!硬い体をほぐすための4つのイメージ
リラックス脳が体をゆるめる!硬い体をほぐすための4つのイメージ
リラックス脳が体をゆるめる!硬い体をほぐすための4つのイメージ
リラックス脳が体をゆるめる!硬い体をほぐすための4つのイメージ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する