【巻き肩の人がほぐすべき部位】隙間時間でできる胸ほぐしストレッチ&ヨガ

Adobe Stock

【巻き肩の人がほぐすべき部位】隙間時間でできる胸ほぐしストレッチ&ヨガ

猫背や巻き肩といった姿勢の崩れや肩こりの解消のために背中や肩にアプローチすることが思い浮かびますが、肩周辺の筋肉とつながっている胸の筋肉をほぐすことも大切です。すき間時間にできるストレッチやヨガポーズで少しずつほぐしてみましょう。

肩や背中の筋肉は脇や胸にもつながっています。肩が凝っているから肩だけ、背中が丸まっているから背中だけ、という一か所へのアプローチだけではなく、もう少し範囲を広げて胸の筋肉にもアプローチしてみましょう。

肩こり
Photo by 写真AC

タオルを使ったストレッチ

肩の凝りは胸や脇の下の筋肉が縮こまっていることも原因の一つです。タオルやヨガベルトを使ってやさしくストレッチしましょう。

タオルストレッチ
【やり方】両手でタオルをつかんで(手は肩幅よりも広めに)腕を頭上に伸ばし、そこから腕を頭の少し後ろまで伸ばして胸や脇の下の気持ち良い伸びを感じられる場所で止まって数呼吸キープしましょう。 Photo by Kayoko Yoshida

両手でタオルをつかんで(手は肩幅よりも広めに)腕を頭上に伸ばし、そこから腕を頭の少し後ろまで伸ばして胸や脇の下の気持ち良い伸びを感じられる場所で止まって数呼吸キープしましょう。

伸びをする子犬のポーズ

胸を開くと同時に肩まわりのストレッチにも。

puppypose
1. 四つん這いから腕を伸ばして胸を下げていき、おでこをマットにつける。手の幅は肩幅と同じか少し広い程度に。
2. 吸う息で背骨を頭頂までやさしく伸ばし、吐く息で自然と胸が下がるようなイメージで。無理に胸を押し下げようとしない。
3. 数回繰り返してチャイルドポーズで少し休む。Photo by Yoga Journal US

やり方
1. 四つん這いから腕を伸ばして胸を下げていき、おでこをマットにつける。手の幅は肩幅と同じか少し広い程度に。
2. 吸う息で背骨を頭頂までやさしく伸ばし、吐く息で自然と胸が下がるようなイメージで。無理に胸を押し下げようとしない。
3. 数回繰り返してチャイルドポーズで少し休む。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

肩こり
タオルストレッチ
puppypose
reverse prayer
gomukhasana
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する