起き抜け30秒!目覚めスッキリヨガ ♯胃もたれを緩和するワーク

Shoko Matsuhashi

起き抜け30秒!目覚めスッキリヨガ ♯胃もたれを緩和するワーク

体や心の緊張を深部からほぐす「ヨガ+ストレッチ」を提唱し、ビジネスマンに向けた企業ヨガ分野でも活躍する相楽のりこ先生に、目覚めを良くして一日を快適にスタートさせるメソッドを教えてもらいました。ツラい寝起きも、ヨガとストレッチを味方につければ、すっきりとした心身に整えられそう!ぜひトライしてみて♡

ねじりポーズで胃腸に刺激を与え、消化力と吸収力を高める

すっきり目覚めるには胃腸を整えることも大切。朝から胃腸の働きを良くするために、私は空腹を感じてから朝食をとるようにしています。朝は自分のスタジオでレッスンがあるので、レッスン前にとるのはアーモンドミルクのみ。レッスン後に空腹感を覚え胃腸の蠕動運動を感じたところでヘルシーな朝食をとる方が消化力、吸収力が高まるように感じます。食べない時間を作ることは、胃腸疲れの防止や便通の改善にもつながりました。

今回ご紹介するのは、ねじる動きで胃腸を刺激しその働きを活発にするワーク。朝に食欲がわかないのは胃腸の働きが低下しているのかもしれません。特に食欲が落ちやすい夏は朝のワークにねじりポーズを取り入れて。(相楽のりこさん)

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

消化力と吸収力を高めるヨガポーズ
消化力と吸収力を高めるヨガポーズ
消化力と吸収力を高めるヨガポーズ
消化力と吸収力を高めるヨガポーズ
消化力と吸収力を高めるヨガポーズ
消化力と吸収力を高めるヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する