罪悪感なく食べられる「ヤセるおやつ」3選【セブンイレブン編】

Getty Images

罪悪感なく食べられる「ヤセるおやつ」3選【セブンイレブン編】

松田 真紀
松田 真紀
2019-06-30

食べる量を減らさなくても体重は落とせる!? 「ラクして食事を楽しむダイエット」を提唱する管理栄養士の松田真紀さんによる、食にまつわる連載企画。今回のテーマは「ヤセるおやつ」です!

ヤセる「おやつ」習慣=「スナッキング」

仕事帰りなどの「夜ヨガ」の日は、夕食を食べることが難しいですよね。食べ物は消化されるには最低2〜3時間かかりますから、アーサナに集中し、ヨガの効果を最大限にするためにこれは仕方ないこと。しかし、長時間、空腹の状態が続くことで、食後血糖値の急上昇が起こり、太りやすくなるのも事実です。かといって我慢して食事を抜いてしまうと、タンパク質やミネラルの不足から、ヨガで必要な筋力不足や肌の老化、怪我につながります。ヨガが楽しめなくなっては本末転倒ですよね。

そこでおすすめしたいのが、ヤセる「おやつ」習慣=「スナッキング」です。

タイミングは、ランチと夕食の間の14時〜17時頃です。肥満ホルモンが出にくい、最も太りにくい時間帯。太る心配もないし、体に必要な栄養素を補えます。体の枯渇状態を緩和できるので、次の食事の食後血糖値急上昇を抑えます。

ポイントは「タンパク質」+「抗酸化ビタミン(A・C・E)」

タンパク質は、筋力をアップするだけでなく、消化で熱を発し、体を温め代謝をあげます。また、肌の保水力も高まり、肌のくすみや目の下のクマが目立たなくなるという嬉しい働きも。またタンパク質が効率的に働くには抗酸化ビタミンが必要。一緒に摂取しましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨギこそ、スナッキング! 「ヤセるおやつ」3選【セブンイレブン編】
ヨギこそ、スナッキング! 「ヤセるおやつ」3選【セブンイレブン編】
ヨギこそ、スナッキング! 「ヤセるおやつ」3選【セブンイレブン編】
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する