肩こりと老け顔の悩みを同時に解消!テレビを見ながらできる超合理的ストレッチ

Adobe Stock

肩こりと老け顔の悩みを同時に解消!テレビを見ながらできる超合理的ストレッチ

須藤玲子
須藤玲子
2020-11-18

肩こりと老け顔を同時にケアする方法

血の巡りやリンパの流れを良くする事が、肩こりやフェイスラインの崩れを防ぎます。一番簡単で効果的な方法は、肩や顔に繋がる首周りをほぐす3つのストレッチです。仕事中でもいいし、お風呂上がりのリラックスタイムに行うと更に効果的ですよ!

ストレレッチ1:首の前側

首
illustAC/首前のストレッチ

1.姿勢を整えて座り、顎をゆっくり天井方向へ引き上げ30秒~1分程度キープ

2.必要があれば頭を左右動かし、呼吸をしながら首の前をほぐす

両手の親指をあごのくぼみに添えて行ってもいいでしょう。首だけでなく鎖骨周りにもよい刺激が入り、リンパの流れを良くする効果が高まります。

ストレッチ2:首の後ろ側

首の後ろストレッチ
illustAC/首後ろのストレッチ

1.姿勢を整えて座り、顎を胸に寄せるように頭を下げ、30秒~1分程度キープ

2.必要があれば頭を左右に動かし、呼吸をしながら首の後ろをほぐす

組んだ両手を頭の後ろに添えて行ってもいいでしょう。首や肩だけでなく背中のこり解消にも効果的です。

ストレッチ3:首の横側

首の横ストレッチ
illustAC/首横のストレッチ

1.姿勢を整えて座り、耳を肩に近づけるように頭を左に傾け、30秒~1分程度キープ

2.必要があれば顎前後に動かし、呼吸をしながら首の右側をほぐす

3.左側も同様に行う

手を上になった耳の横やこめかみに添えてもいいでしょう。伸びている側の腕は、体から遠ざけたり、指先をお尻の下に敷いたり、手の甲を腰に回したりしてアレンジもOK!また、顎を軽く引いて傾ける角度を変えることで、首の斜め後ろから背中、肩甲骨周りにもアプローチできます。

ポイント

3つのストレッチは力で伸ばすのではなく、呼吸で深めていくイメージで、気持ちのよいところを探しながらやってみましょう。いずれの場合も、添えた手は力を入れすぎないようにすることがポイントです。邪魔になったり、刺激が強すぎたりする場合は外しましょう。違和感はストレスとなり逆効果ですよ!

合理的なケアでアンチエイジング

いかがでしたか?「肩こりがひどくなった…」「最近老け顔になったかも…」もし、そんな悩みがあるのなら、今回ご紹介した簡単なストレッチを早速取り入れてみましょう。今や生活に欠かせないツールになったパソコンやスマホ。今後も付き合っていくこれらのアイテムが原因となる不調は、できる限り避けたいものですよね。規則正しい生活はもちろん、簡単にできることを習慣にして、美と健康は同時に手に入れる!これからはそんな合理的なケアでアンチエイジングを目指しませんか?

ライター/須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心に活動中。スタジオだけでなく、オフィス出張、屋外など多くの場でレッスンを実施。陰ヨガリストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。初心者が気軽に参加できるオンラインのクラスも開催中。ヨガと共にアロマの学びを深め、ヨガとアロマのある暮らしを提案する。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTTリストラティブヨガTT陰ヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

Instagram:@reiyoga.reikosudo

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

首
首の後ろストレッチ
首の横ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する