体の余計な緊張をオフ!まくらを使ったリラックスヨガ3つのポーズ

Adobe Stock

体の余計な緊張をオフ!まくらを使ったリラックスヨガ3つのポーズ

上半身をゆだねてリラックス

最後はチャイルドポーズでゆっくりと。普段何も使わなくても楽にチャイルドポーズができるで人もぜひまくらやクッションを使ってみましょう。何かに頼ってポーズをとることもリラックス効果を高めるポイント。好きなやり方を選んで心と体の落ち着いた様子を味わいましょう。

1. 上半身をサポート

child_1
Photo by Kayoko Yoshida

やり方:
1. 両膝を開いて上半身の下にまくらを縦長に置く。
2. 両腕でまくらをやさしく抱きかかえ、上半身をまくらにゆだねてゆったりとポーズをキープ。
3. 首に負担がかからないように途中で顔の向きを変え、左右両方を向くようにする。

2. まくらに座る

普段チャイルドポーズでお尻をかかとにつけるのが難しい人や膝を曲げるのがつらい人だけでなく、いつも楽にお尻がおろせる人でもまくらに座るとよりリラックスできます。必要であれば複数のまくらやクッションを使ってお尻の位置を高くして。

childpose_2
Photo by Kayoko Yoshida

3. 両方を組み合わせて

まくらやクッションの数に余裕があれば、上半身のサポートとまくらに座る両方を組み合わせることでリラックス効果が増します。

childpose_3
Photo by Kayoko Yoshida

このようにまくらやクッションなどのサポートを得ることで、何も使わずに自分の体だけでポーズをとるよりも呼吸が深まってリラックス度が高まります。毛布やブランケットを折りたたんだものでも代用できます。家にあるものを上手に使って心身をいたわるセルフケアの時間をぜひ作ってみてください。

ライター/吉田加代子
オーストラリア・ブリスベン在住。日本とオーストラリアでの会社員生活を経てヨガティーチャーに転身。2012年より在豪日本人やローカルの人たちを対象にヨガクラス(対面・オンライン)をしている他、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語翻訳とナレーションを担当。オーストラリアのゆったりした環境の中、ヨガで日々心地よく暮らすことを心掛け、一人でも多くの人に気軽にヨガを楽しんでもらうことを目指して活動中。Instagram:@kayoko_yo 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

side_stretch
side_stretch_leg
sidestretch_NG
chestopener
child_1
childpose_2
childpose_3
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する