寝る前におすすめ!仰向けのままできる夜ヨガ4つのポーズ|疲れもイライラも解消

Adobe Stock

寝る前におすすめ!仰向けのままできる夜ヨガ4つのポーズ|疲れもイライラも解消

日中に感じたストレスや、そこからくるイライラ感や体の疲れや。解消法は様々ですが、仰向けの体勢で楽に気持ち良くできるヨガを試してみませんか?

横たわった合せきのポーズ(スプタバッダコナーサナ)

膝を開くことで、緊張していると力が入りやすいお腹を緩めていきます。手を胸とお腹にあてると呼吸に意識を向けやすくなるので心を落ち着かせるためにも効果的です。

Reclining Bound Angle Pose
Photo by Kayoko Yoshida

やり方

1. 膝を立てた状態で仰向けになり、足の裏を合わせて膝を開く。

2. 太ももの下にクッションや丸めたブランケット、ヨガブロックを入れてサポートする。太ももの内側をしっかりと伸ばす(膝を大きく開く)必要はなく、お腹が緩む感覚を得られればOK。

3. 片手を胸に、もう片方の手をお腹にあてて呼吸を感じながらポーズをキープする。

4. ポーズを終えるときは両手を使って膝を中央に寄せて胸元で抱きかかえる。

バナナのポーズ

仰向けのままで全身を気持ち良く伸ばすことができます。肋骨の横の部分も伸びるのでより呼吸を感じやすくなります。

bananasana
Photo by Yoga Journal US

やり方

1. 仰向けになり、両足を右へずらす。

2. 両腕も右へずらして腕をまげて肘をかかえるか、右手で左の手首をつかむなどやりやすい方法をとる。

3. もう少し伸びを加えたい場合は、左足首を右足首に交差する。

4. 伸びを感じる場所を意識しながら呼吸を続けてポーズをキープし、手足を中央に戻して反対側も同様に行う。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Reclining Bound Angle Pose
bananasana
happybaby
shavasana
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する