朝・昼・晩に1回ずつでOK!疲労やコリを残さないための3つのポーズ

Adobe Stock

朝・昼・晩に1回ずつでOK!疲労やコリを残さないための3つのポーズ

ゆっくりと秋の気配を感じるタイミングも出てきましたね。今年の夏は短いものの、酷暑が続いているせいか、いつも以上に疲れを感じている方も多いのではないでしょうか。夏の疲れを残したままだと、季節の変わり目に体調を崩しやすくなってしまうかもしれません。かと言ってマッサージやヨガに通う時間もないあなたに、今回は1日3回やれば疲労感や凝り固まっている身体をほぐしてくれるポーズをご紹介していきます。

朝起きたタイミングで

まずは朝起きたときに取り入れてほしいポーズです。寝起きがあまり良くない方は特に習慣にしてみましょう。

1.ゆっくりと上半身を起こします。座り方は背筋が伸ばせれば、あぐらでも長座でも構いません。

2.まずは指を組んで両手を天井に伸ばします。伸びをするようなイメージです。

3.気持ち良く伸びたら、右手で左手首をつかみご自身の吐く息で上体を右側に倒します。

4.左側のわき腹周辺を伸ばします。3~5呼吸繰り返し、新しい空気を送り込みましょう。

5.反対側も同様に行ってみましょう

普段縮こまっていることが多い、体側を気持ちよく伸ばしてあげるポーズです。朝起きたときに行うことで、身体の中に新鮮な空気が入り目も覚めやすくなるでしょう。血行も良くなり、老廃物も流れやすくなり疲労感も軽減されていくでしょう。

お昼休憩のときに

次はお昼休憩のタイミングに行ってみましょう。特にデスクワークや肩回りのコリが気になる方にオススメです。

1.背筋を伸ばして座ります。イスに座る場合は浅めに座り、イスが動かないように気をつけましょう。

2.胸の前で両手を組み、一度吸う息で背筋を更に伸ばします。

3.吐く息で両手を前に伸ばし、背中を思い切り丸めましょう。視線はおへそを見ます。

4.吐ききったら吸う息で上体を戻します。3~5呼吸分繰り返しましょう。

凝り固まっている肩回りの筋肉をほぐしてくれるポーズです。凝り固まっている部分は、気が付いたらほぐしてあげることが大切です。放置しているとどんどん悪化していきます。休憩時間や肩が辛いときにはぜひやってみましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

朝・昼・晩に1回ずつでOK!疲労やコリを残さないための3つのポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する