前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法

Photo by Form on Unsplash

前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法

ヨガの上達には柔軟性や筋力をつけることが必要ですが、それだけではありません。もっと初歩的なところ、体とマットの接地面を意識するだけでも違いを感じることができます。どれもすぐに実践できることなので早速始めてみましょう。

1.手の指をまんべんなく広げると「ダウンドッグ」が上達

ダウンドッグの時のマットにつく両手。ポーズに慣れていないうちは脚を伸ばすことに気を取られて手のひらまで気が回らず、指を閉じてしまうことがあります。するとマットを押しきれず、背中が丸まってしまい上半身が気持ちよく伸びません。

前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
Photo by Kayoko Yoshida

理想は五本の指が放射線状に開いた状態です。

前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
指が開いていない(写真上)、指が開いている(写真下)/Photo by Kayoko Yoshida

ダウンドッグで優先したいのは上半身を伸ばすこと。五本の指をしっかり広げることでマットを押し切ることができ、それが上半身の伸びにつながります。手のひらだけでなく、指の腹もマットに触れている状態をつくってポーズを練習してみましょう。

前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
慣れないうちは膝が曲がっていても、上半身が伸びていればOK/Photo by Kayoko Yoshida

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
前屈・ダウンドッグが上達!床との「接地面」を意識する3つの方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する