股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法

Sayaka Ono

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法

硬さは心にも原因が!? 体は脳が持つイメージの影響を受けやすく、ネガティブなイメージを持つと強張ってしまいます。ご紹介するメソッド「イメージ呼吸法」は、ポジティブなイメージを持つことで体を思い描く方向へ導き、さらに呼吸を組み合わせて効果を高めるというもの。今回のテーマは股関節まわりの柔軟性を高める「鼠蹊部(そけいぶ)で呼吸するイメージ」!鼠径部とは両脚の付け根部分のこと。

「鼠蹊部(そけいぶ)で呼吸するイメージ」で股関節を柔軟に

安楽座になり、股関節のつまりを鼠蹊部(=両脚の付け根)から呼吸と一緒に吸い込む。次にそのつまりを鼠蹊部から一掃するようなイメージで息を吐き、硬さを取っていく。(5呼吸)

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法①:太腿の付け根を刺激し鼠蹊部の感覚を高める

片膝を曲げてその脚の脇に両手をつき、もう片方の脚を後ろに引きます。伸ばした脚の付け根の伸びを感じ、この部分から息を吸って吐く感覚を味わっていく。反対側も。(5呼吸)

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法②:鼠蹊部にできたスペースで呼吸する

仰向けになり、骨盤の下にボルスターやクッションを入れて股関節を広げ、その部分に意識を向けやすくします 。鼠蹊部にできたスペースに呼吸を出し入れするイメージで、関節のこわばりを吐く息で取り除く。(5呼吸)

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

「鼠蹊部で呼吸するイメージ」で上達するポーズ3つ

ブジャンガーサナ

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

アンジャネーヤーサナ

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

ダヌーラーサナ

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

教えてくれたのは...鈴木伸枝先生
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオRelease Space主宰。レッスンでは自分で心身をベストコンディションに導く「自己調整力を引き出すヨガ」を伝えている。指導者養成講師、イベント出演など多方面で活躍。

Photos by Sayaka Ono
Illustrations by Nanayo Suzuki
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

All photosこの記事の写真一覧

股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
股関節の柔軟性を高める「鼠径部呼吸」と効果を高める2つの方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する