苦手No.1「ダウンドッグ」をマスター|膝が伸びない理由は腿裏にあり!硬い腿裏をゆるめるストレッチ

PIXTA

苦手No.1「ダウンドッグ」をマスター|膝が伸びない理由は腿裏にあり!硬い腿裏をゆるめるストレッチ

ヨガクラスに必ずと言っていいほど登場するダウンドッグ。全身に力が入りやすいこのポーズで特に意識したいのが腿裏。ここがゆるむと腿や膝など脚裏が伸びて重心が整い、キープ中もぐっと楽になります! 大人気ヨガ講師の柳本先生直伝、段階を踏んで前屈を深めていくワークでやわらかな腿裏を手に入れましょう。

背中と連動させて腿裏をゆるめよう

膝が伸ばしにくかったり、かかとが床から浮きやすい人は腿裏のハムストリングが硬い証拠。腿裏をほぐすには、立位の前屈で背中を伸ばすワークが効果的です。始めは手の位置を高めにセットし、少しずつ低くしてほぐして。

腿裏がゆるまると、ダウンドッグが美しく決まる!

ダウンドッグ
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

STEP1

両脚を腰幅に開いて立つ。高さのあるテーブルや椅子の背などに両手をおき、背中を伸ばして5呼吸キープ。

ダウンドッグの練習
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

POINT
首だけが下を向いてしまわないように、首の後ろは真っすぐキープ。背骨を反らすようなイメージで伸ばすと、ハムストリングに効かせやすい。

STEP2

ブロックの上に両手をおく。お尻から頭頂まで、真っすぐに伸ばして5呼吸キープ。

ダウンドッグの練習
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

できる人は

背中を伸ばしたまま胸を開き、顔を上げて5呼吸キープ。より強力にハムストリングが伸びる。

ダウンドッグの練習
photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

教えてくれたのは...柳本和也先生
バリでヨガと出会い、日本のアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏に師事。ヨガ指導のほか、イベントやワークショップへの参加、国内外でのリトリート開催など幅広く活躍中。神奈川・辻堂でudaya yoga studioを主宰。

モデルを務めたのは...池田莉子さん
モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグの練習
ダウンドッグの練習
ダウンドッグの練習
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する