ダウンドッグでかかとが床につく!硬くなりがちな足首をほぐすアクロヨガ的ストレッチ

PIXTA

ダウンドッグでかかとが床につく!硬くなりがちな足首をほぐすアクロヨガ的ストレッチ

アクロヨガは、ヨガとタイマッサージを融合して生まれたもの。重力や自分の体重を活かして、無理なく筋肉をほぐす手法が取り入れられています。今回は、硬くなりがちな足首にフォーカス。しっかりほぐせば、ポーズが安定しますよ。

アクロヨガ的ストレッチで足首の可動域を広げよう

足首が硬い理由は、「アキレス腱などが硬い」「足首の筋肉が短い」「足の甲が高い」の3つ。体重をかけながら膝を動かし、骨格以外の要因による硬さをほぐします。痛みを感じる手前でストップしましょう。

HOW TO

1.片足は正座の姿勢になり、もう片方の膝を立てる。立てた足の足首をしっかり坐骨のほうへ引き寄せる。

アクロヨガ
Photo by  Shoko Matsuhashi

POINT

かかとの位置をなるべく腿の近くにすると、脚の重みを足首にのせやすい。

2.かかとを床につけたまま、まずは膝を真下にプッシュ。足首の前側に負荷がかかるのを感じて。

アクロヨガ
Photo by  Shoko Matsuhashi

3.いろいろな方向に膝を回し、足首の可動域を少しずつ広げる。このとき、かかとは浮いてもOK。1分間行う。反対側も。

アクロヨガ
Photo by  Shoko Matsuhashi

POINT

立てた脚は、できるだけ力を抜いて。緊張すると硬くなり、回転しづらい。

教えてくれたのは...西浦莉紗先生

アクロヨガジャパン代表。2009年からヨガを指導するなかでアクロヨガに出会う。現在、ボディコミュニケーションの少ない日本にこそアクロヨガを広めたいと精力的に活動中。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アクロヨガ
アクロヨガ
アクロヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する