ぽっちゃり女子代表・磯山さやかさんがトライ|手首を痛めずダウンドッグを行う方法

Sayaka Ono

ぽっちゃり女子代表・磯山さやかさんがトライ|手首を痛めずダウンドッグを行う方法

ダウンドッグをすると手首に体重がかかり、痛くて痛くてキープするのがキツイ…そんなぽっちゃり女子必見、手首を痛めずにダウンドッグする方法をご紹介。挑戦するのは、ぽっちゃり女子代表・磯山さやかさん!

お手本ダウンドッグはこちら!

ダウンドッグ
Photo by Sayaka Ono

両手、両足で強く床を押し、背面をしっかり伸ばすポーズ。頭が心臓より下にくるため鎮静効果も高い。

ぽっちゃり女子の「あるある」:手首が痛くて背中を伸ばせない

磯山さやか
Photo by Sayaka Ono

手足で体を支えようとすると手首に体重がかかって痛み、背面を伸ばすことができない。

解決策は…膝を曲げて手首の角度を広げ、背中を伸ばす

ダウンドッグで重要なのは背中を伸ばすこと。膝を曲げると手首の角度が広がって負担がやわらぎ、背すじも伸ばしやすくなります。

HOW TO

1.四つん這いになり、両手、両膝をつく。両手は肩幅、両膝は腰幅に開く。おへそを背骨に近づけるようにお腹を引き締め、背すじを伸ばす。

磯山さやか
Photo by Sayaka Ono

2.手で床を押してお尻を持ち上げ、膝を曲げて背中をしっかり伸ばす。あごを軽く引き、尾骨と頭を遠ざけて背骨を長くし、5呼吸。

磯山さやか
Photo by Sayaka Ono

POINT

おへそを引き込んで下腹を締めよう!

手の下にブロックを置いてもOK

磯山さやか
Photo by Sayaka Ono

手首をブロックに引っ掛けるようにのせてもラク。

教えてくれたのは…エドワーズ壽里先生
カリフォルニアでヨガに出会い、インストラクターに。アメリカでのヨガイベント出演も多数。サーフィンやトライアスロンにも取り組んでいる。

教わったのは…磯山さやかさん
2000年に芸能界デビュー。愛らしいルックスとキャラクターでバラエティやドラマなど幅広く活躍。ツイッターはこちらから

 

Photos by Sayaka Ono
Hair&make-up by Shie Kanno(磯山さん)
Text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
磯山さやか
磯山さやか
磯山さやか
磯山さやか
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する