ダウンドッグで手首が痛い人が意識すべき意外な場所とは

Getty Images

ダウンドッグで手首が痛い人が意識すべき意外な場所とは

ダウンドッグをするとき、手首に体重がかかって痛いという人が多いようです。実はそれ、手首自体ではなく、ある部分が使えていないことが原因とのこと。ヨガティーチャーのキミ先生に、原因と対策を教えてもらいました。

手首が痛い&腰が伸びないのは、指先に原因があった!

ダウンドッグ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

指先が使えず、指の付け根が床から浮いてしまう人、いませんか?指先が使えないと手首に負担がかかり腰も伸びません。指先で床を押せると手首の筋肉が働き、手首の強化に。

手首を浮かせて下ろす練習で指先に意識を向けてみよう

HOW TO

キミ
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

四つん這いになり、手首の上に肩、膝の上に腰がくるように。指で床をつかむように捉え、手首を浮かせて下ろす。5セット繰り返す。

教えてくれたのは…キミ先生

スタジオ・ヨギーエグゼクティブディレクター。インド、日本でヨガと瞑想を探求し、多角的な視点でヨガと瞑想の普及を行う。

 

 

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
yoga journal日本版vol.48掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグ
キミ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する