【磯山さやかさんと学ぶ!】柔軟性は関係ない。ぽっちゃり女子がヨガすると苦しい本当の理由とは

Sayaka Ono

【磯山さやかさんと学ぶ!】柔軟性は関係ない。ぽっちゃり女子がヨガすると苦しい本当の理由とは

ねじるポーズも前屈ポーズも後屈ポーズも苦しい…さらには、お休みのポーズであるはずの「チャイルドポーズ」ですらも苦しい…!?ぽっちゃり女子がヨガすると苦しい理由とポーズを深めるコツについて、ヨガインストラクターのエドワーズ壽里先生に教えてもらいました。

ポーズがとりづらいのは硬さではなく「余分なお肉」が原因!

ぽっちゃり女子
(Photo by Getty Images)

ヨガのポーズがとりづらいと、多くの人は体が硬いからだと思いがち。ですが、ぽっちゃりさんの場合、「硬さより、余分なお肉が動きの邪魔をしていることが多いもの」とエドワーズ壽里先生。「むしろ、ぽっちゃりさんは体が柔らかい人が多いんです。筋肉量が少ないので体に芯がなく、ふにゃふにゃと柔らか。ただ、筋肉がないうえに体重がある分、ポーズを安定させてキープしたり、体をしっかり伸ばしたり、ねじったりすることが苦手です。お肉がつかえて、物理的に動けないということも」
無理してポーズしていると関節への負担が大きく、けがも招きます。ヨガの効果を高めるには、ぽっちゃりさんがとりやすい形にポーズをアレンジするのが有効。「正しいアライメントでラクにポーズできるので、効果をしっかり得られます。心地よいから、ヨガがもっと楽しくなりますよ!」

「できないお悩み」別に、ぽっちゃり女子がヨガポーズを深めるコツをご紹介!

ぽっちゃり女子のための「ワシのポーズ」のコツ

ぽっちゃり女子のための「ローランジ」のコツ

ぽっちゃり女子のための「三角のポーズ」のコツ

ぽっちゃり女子のための「ダウンドッグ」のコツ

ぽっちゃり女子のための「プレイヤーツイスト」のコツ

 

教えてくれたのは…エドワーズ壽里先生
カリフォルニアでヨガに出会い、インストラクターに。アメリカでのヨガイベント出演も多数。サーフィンやトライアスロンにも取り組んでいる。

挑戦したのは…磯山さやかさん
2000年に芸能界デビュー。愛らしいルックスとキャラクターでバラエティやドラマなど幅広く活躍。

 

Photos by Sayaka Ono
Text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ぽっちゃり女子
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する