どっしり、しなやかetc.「イメージ」を使ったヨガポーズ効果の高め方

Adobe Stock

どっしり、しなやかetc.「イメージ」を使ったヨガポーズ効果の高め方

しなやかな背骨

誰もが目指したいしなやかに動く背骨。実際に出来ているかどうかは気にせず、自分が背骨を動かす時にはそれをイメージしてみましょう。背骨は一直線ではなく、ゆるやかなS字のカーブを描いています。猫のポーズと牛のポーズ(キャット&カウ)では波打つ水面を、上半身を起こしている時は背骨が頭頂に向かってらせん状に伸びていく様子を思い浮かべてみましょう。

spine
Photo by toan phan on Unsplash

気持ち良さが全身に広がる様子

ポーズの最中に気持ちよく伸びているなと感じた場所や、シャバアーサナでリラックスして緩んだ場所、それらが一か所にとどまらずに全身に広がっていく様子をイメージしてみましょう。ポジティブな感覚に集中することで、体の他の場所にある不要な力みを緩める助けにもなります。

water
Photo by zhang kaiyv on Unsplash

イメージをすることの一番のメリットは誰でも簡単にすぐできること。この他にも力強さや柔軟さ、体が軽くなった様子など、使えるイメージは沢山あります。体の動かし方に気を配ることに加えてこうしたイメージを使うことで、ポーズをする時の体の安定だけでなく、心の落ち着きにもつながります。ぜひ試してポーズを深めてみてください。

ライター/吉田加代子
オーストラリア・ブリスベン在住。日本とオーストラリアでの会社員生活を経てヨガティーチャーに転身。2012年より在豪日本人やローカルの人たちを対象にヨガクラスをしている他、ヨガアプリ「Down Dog」の日本語翻訳とナレーションを担当。オーストラリアのゆったりした環境の中、ヨガで日々心地よく暮らすことを心掛け、一人でも多くの人に気軽にヨガを楽しんでもらうことを目指して活動中。Instagram:@kayoko_yo 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

root
rock
sidestretch
spine
water
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する