おうちヨガの幅が広がる!知っておきたい「カウンターポーズ」

Getty Images

おうちヨガの幅が広がる!知っておきたい「カウンターポーズ」

おうちヨガは最初のうちは知っているポーズ、好きなポーズをいくつか練習するだけでも十分ですが、できるポーズが増えて慣れてきたら、ポーズとポーズの関係も考えながら練習をしてみませんか?ポーズの効果を高める「カウンターポーズ」をいくつかご紹介します。

「カウンターポーズ」とは

ここで言うカウンター(counter)とは「反対のもの、対のもの」を意味します。ヨガのカウンターポーズは簡単に言うと、ひとつのポーズをした後に続く、それと反対の動きとなるポーズ。これによって、体や心の状態をニュートラルに戻してバランスを取ることができます。おうちヨガで練習しそうなポーズのカウンターポーズをタイプ別にみてみましょう。

開いたら閉じる

hipopener
左上:開脚前屈/右下:三角のポーズ

太ももの内側や膝の裏側をストレッチし、骨盤まわりの血行をうながす開脚前屈(ウパヴィシュタコーナーサナ)のような、両脚を外側に開く(股関節を外旋させる)ポーズの後は、牛の顔のポーズゴムカーサナ)や鷲のポーズガルーダーサナ)など、脚を内側に閉じる(股関節を内旋させる)ポーズをしましょう(写真下)。前脚の股関節を外旋させる三角のポーズウッティタートリコナーサナ)を両サイド行った後でも同様です。

eagle
左:牛の顔のポーズ/右:鷲のポーズ

どちらも太ももをキュッと内側に閉めるようにします。牛の顔のポーズでは両手を膝の上においたり、鷲のポーズでは手を腰にあてるなど、腕の動きを省いてもOK。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

hipopener
eagle
backbend
forward bend
balance
mountain
child
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する