心と体を整えるヤングコーンと新ごぼうの重ね煮:レシピと美味しく食べきるためのアイデア3つ

Nao Yamada

心と体を整えるヤングコーンと新ごぼうの重ね煮:レシピと美味しく食べきるためのアイデア3つ

山田直
山田直
2020-05-10

野菜中心の、健康的な食生活を送りたい。そう思う人は少なくないでしょう。だけど実際は、忙しくて自炊もままならない、あるいは、自炊しようと野菜を買ったのにうまく使い切れずダメにしてしまう...そんな経験をした方も少なくないのでは?今回ご紹介するのは、野菜本来の美味しさを引き出しそのパワーを取り入れられる「重ね煮」という調理法です。決して難しくない、だから続けられる、そんな素敵な調理法を連載形式でご紹介します。

重ね煮とは?

美味しく健康的にたくさん野菜を食べたい!そう思っていても、忙しい現代人には、あれこれとたくさんの料理はなかなか大変。それなら、ひとつの鍋の中でたくさんの野菜を重ねてベースを作り、それを使っていろんな料理を簡単に作ろうという調理法です。

鍋底に軽く塩を降り、順番に野菜を重ねたら上にも軽く塩を降り、無水(焦げるようなら差し水を)、弱火でじっくりと火を入れます。いい香りが立ち、野菜からじゅわっと旨みエキスが出てきたらできあがり。作った重ね煮は、冷蔵庫で5日位保存出来て、使いたいときに使いたい分だけさっとアレンジ。5分で具だくさんの味噌汁も作れちゃいます。時短が出来て栄養バランスもバッチリの優れものです。

美味しく作るためのポイントは、前回の記事を参照くださいね。

5月の重ね煮:ヤングコーンと新ごぼう

みなさんは店先で、皮付きのヤングコーンを見つけたことがありますか?

とうもろこしの旬は夏ですが、今の時期に出てくるのはとうもろこしの赤ちゃんであるヤングコーンです。水煮の缶詰ではない新鮮な皮付きのものは、初夏のこの時期にだけ。味も別格です。もし見つけたら、皮付きのヤングコーンにぜひトライしてみてください。

ヤングコーン
皮付きのヤングコーン photo by Nao Yamada

皮むきは意外と簡単です。縦に薄く切れ目を入れればパカッと割れて、白いヒゲに覆われた黄色い実が現れます。むいた実しか見たことのない人には竹から現れたかぐや姫のようで、それはなかなかの感動です。

ヤングコーンは、実は白いヒゲまで美味しく食べられます。このヒゲがまた甘く、焼くと香ばしい。なので、白いヒゲも付けたままで重ね煮してみてください。

ヤングコーン
白いヒゲも重ね煮に!photo by Nao Yamada

初夏にはすぐ終わってしまう、本当に貴重な旬の食材ですね。

また、この時期に取れるごぼうは新ごぼうと呼ばれ、白く柔らかい若取れの根はとても香りが上品で、さっと重ね煮をしただけでもサラダとして美味しく食べることができます。煮物、炒め物にと何にでも使える万能な食材です。冬のごぼうとはまた違う味わいを試してみてください。

新ごぼう
新ごぼう photo by Nao Yamada

ヤングコーン、新ごぼう共に、新しい形を生み出す成長のエネルギーを多分に含んでいます。初々しい植物たちを取り入れることで自分自身の古皮を脱ぎ捨てて、より軽やかな夏の身体へと変化していきましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

新ごぼう
ヤングコーン
ヤングコーン
重ね煮
重ね煮
重ね煮
心と体を整えるヤングコーンと新ごぼうの重ね煮:レシピと美味しく食べきるためのアイデア3つ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する