秋の旬食材をたっぷりと!きのこの重ね煮|レシピと美味しく食べきるためのアイデア3つ

Nao Yamada

 秋の旬食材をたっぷりと!きのこの重ね煮|レシピと美味しく食べきるためのアイデア3つ

山田直
山田直
2020-10-11

野菜中心の、健康的な食生活を送りたい。そう思う人は少なくないでしょう。だけど実際は、忙しくて自炊もままならない、あるいは、自炊しようと野菜を買ったのにうまく使い切れずダメにしてしまう...そんな経験をした方も少なくないのでは?今回ご紹介するのは、野菜本来の美味しさを引き出しそのパワーを取り入れられる「重ね煮」という調理法です。決して難しくない、だから続けられる、そんな素敵な調理法を連載形式でご紹介します。

数種類のきのこを重ねることで奥深い味わいに

ようやく夏の暑さから解放され、心地よさを自然に感じ取れる季節になってきました。食材も夏から秋へ。みずみずしく爽やかな夏野菜から、滋養と味わいの深い秋野菜へ。今回は、そんな秋をたっぷり感じるきのこの重ね煮を紹介していきます。

きのこ
photo by Nao Yamada

基本の重ね煮のきのこを増やすことでコクとうまみが増し、出汁なしでも濃厚な料理へとアレンジできます。特にお勧めはソース。重ね煮野菜からジュワと出るエキスが絡み合い、シンプルな調味料でも奥深い味わいに仕上がります。また長く煮込まなくても良いので、さっと簡単に作れて便利ですね。数種類のきのこをたっぷりと重ねて、秋のうま味を存分に味わっていきましょう。

材料と重ねる順番

にんじん‥‥‥‥160g  細めの千切り

玉ねぎ‥‥‥‥ 200g  細めの千切り

きのこ‥‥‥‥ 500g  スライス※

差し水‥‥‥‥ 50cc

※しいたけ・しめじ・えのき・エリンギ・舞茸などお好きなきのこを数種類。手でちぎれるものはちぎります。

作り方

①鍋の底にひとつまみ塩を振り、きのこ➝玉ねぎ➝にんじんの順に鍋に入れて重ねてから差し水をして蓋をし、極弱火で加熱します。

②10~15分位でいい香りが立ってきたら蓋を開け、にんじんに火が通り柔らかくなったのを確認できたら、優しくかき混ぜて出来上がり。

③琺瑯などの密閉性のある保存容器に移して、冷めたら冷蔵庫で保存する。

きのこ 重ね煮
photo by Nao Yamada

美味しくするワンポイント

きのこは数種類重ねると香りや味わいが深くなっていきます。お買い得なきのこがあればいくつか買って、たっぷり重ねてみてください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

きのこ
きのこ 重ね煮
重ね煮
重ね煮
重ね煮
 秋の旬食材をたっぷりと!きのこの重ね煮|レシピと美味しく食べきるためのアイデア3つ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する