若返り効果も?免疫力を活性化させる3つのアプローチとは

Shoko Matsuhashi

若返り効果も?免疫力を活性化させる3つのアプローチとは

初心者からシニアまで無理なく効果を実感できる指導に定評のある大友麻子先生が伝授してくれたのは血流、腸の活性化、ストレスを解消できるメソッド。アンチエイジングしながら免疫を活性化します!

若返り効果も期待!ポイントは自律神経に

「血流や腸内環境、心の健康は若々しくいる秘訣で、免疫を発揮する鍵にもなります。忙しくしていたり、ネガティブな感情や偏った思考をずっと抱え込んでいると、自律神経は常に緊張状態で、血行も腸の働きも滞るので、免疫は下がってしまいます。ヨガで自分の心と体の状態を見つめ、心身のストレスを取ることは効果的。ヨガも頑張りすぎず、まわりと比べず、ストレスを溜めない…それがいちばんの秘訣です」

免疫活性アプローチのポイント3つ

1.血流を良くして血管も若々しく!

免疫細胞を隅々まで届けるのは血液とリンパ液。手足の末端を使わないと血管も衰えるので、隅々まで刺激して全身の巡りを促進。血管年齢の老化をケアします。

2.内臓の位置を整えて腸の働きをUP

免疫細胞の7割が腸に集中、だからこそ腸内環境を整える動きや食が重要。腸は副交感神経が優位な時に活性化するので、運動後の適度な休息で自律神経を整えて。

3.思いグセは手放してストレスをつくらない

「私は○○さんより劣っている」「もっと頑張らなきゃ」など、ストレスは自分でつくり出すものも。負の思考・感情は手放して、リラックスする時間を。

Photos by Shoko Matsuhashi
Styling by Yuko Hachiya
Hair&make-up Rika Imazeki(P-cott)
Illustrations by Misako Nakagawa
Edit&text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.63掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
カラダの中からアンチエイジングで免疫活性
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する