夏冷えの疲れ、今のうちに解消するためのたった3つの方法

Getty Images

夏冷えの疲れ、今のうちに解消するためのたった3つの方法

だんだんと秋の雰囲気を感じる瞬間が増えてきましたね。今年の夏は特に、連日猛暑日が続き、暑さにうんざりした方も多いのではないでしょうか。夏の暑さによって、体の内側ばかり冷えてしまった「夏冷え」でお疲れの体を労わってあげる方法をご紹介します。

夏冷えをケアする生活習慣3つ

1.湯船に浸かる習慣を取り戻そう

夏場は暑さに負けてどうしてもさくっとシャワーだけで簡単に済ましてしまう時が多かったかと思いますが、ぜひ体の内側を温めるためにも湯船に浸かる習慣を取り戻してあげましょう。

温かい湯船に入るだけで体全身リラックス効果が高まり、副交感神経が優位になります。リラックス効果が高まってくると自然と呼吸もゆっくりになり、ストレス解消にもなります。また血行も良くなり、夏に起きやすい指先・足先の冷え改善にも繋がるでしょう。お気に入りの入浴剤を入れてテンションを上げてみるのも良いです。

どうしても暑い時は温度を少し下げて入りやすい温度にしながら、ぜひ全身脱力してあげて下さい。お風呂から上がった後はコップ1杯の水分を取る事も忘れずにして下さい。この時冷蔵庫でキンキンに冷やした飲み物だと内臓を冷やしてしまう為、出来れば常温の飲み物を取る事をオススメします。

2.温かいものを積極的に取り入れよう

冷房に効いた室内で過ごす時間が長かったり、冷たい飲み物や食事が多かった夏はどうしても体の内側が冷えてしまいます。内側が冷えることによって、血管が収縮して手先足先の冷えや体の疲れが取れない、だるいなど不調を感じやすくなります。そういった症状を感じる方はぜひ温かいものを摂取する習慣を作ってあげましょう。毎日温かいお味噌汁を飲むようにしたり、温かい食事をとる事を意識してみます。

慣れないうちは摂取しにくいかもしれません。そんな時は常温の飲み物から始めてみても良いかもしれません。だんだんと慣れ、体の不調も徐々に薄れていくでしょう。何を食べようか、飲もうか迷ったときは体を温めてくれそうなものを積極的に選んでみましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する