太腿の付け根を揃えよう|「頭を下げてバランスをとるポーズ」を安定させる方法

Shoko Matsuhashi

太腿の付け根を揃えよう|「頭を下げてバランスをとるポーズ」を安定させる方法

軸足がぐらついてしまったり、体の中心が定まらなかったり、呼吸が止まったり…。「立位のバランスポーズが苦手」という人も多いはず。ここではバランス力アップの秘訣を紹介。苦手克服のための練習法を教えます!今回は頭を下げるポーズ「パールシュヴォッターナーサナ」をマスターする方法。

頭を下げてバランスをとるポーズは大転子を平行に揃える

頭を下げながらバランスをとるポーズでは、大転子の位置に注目。大転子は太腿の付け根にある出っ張った骨。左右の大転子の位置が平行に揃っていると、おのずと骨盤も真っすぐになり、全身のバランスをとりやすくなります。壁に片方の体側をつけて大転子の平行を確認

このポーズでは、前に出した脚のほうに骨盤が引っ張られ、大転子が斜めになりがち。壁に体側を沿わせてポーズをとることで、骨盤を真っすぐにキープする感覚を養いましょう。前脚の付け根を引き込むと大転子の位置が揃います。

HOW TO
1.壁に右体側をつけるようにして、両脚を大きく開いて立ち、両手を背中で組む。重心は後ろ足にのせる。

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

2.上体が床と平行になるまで前屈。ポーズが完成したら重心は両足に。5呼吸したら元の姿勢に戻り3セット。反対側も。 

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

POINT:体を倒すにつれ、壁にお尻が強くぶつかると、前脚側の骨盤が前に出ている証拠。

OK:前脚側の骨盤が前に出ていない

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

NG:前脚側の骨盤が前に出ている

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

パールシュヴォッターナーサナでバランスをチェック

STEP:01 体を斜めに倒す

□重心は後ろ足にある?
□大転子がずれてない?

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

STEP:02 手を組み頭を低く下げる

□前膝を引き込みすぎてない?
□重心は後ろ足にある?

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

STEP:03 前脚に頭を近づける

拇指球で床を押してる?
□両脚均等に体重がのってる?

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

完成 

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
photos by  Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…HANAE先生
北海道出身。幼少よりクラシックバレエを習う。第1子出産後ヨガに出会い、アシュタンガヨガを始める。2013年より現在の師である公式指導者クランティのマイソールクラスアシスタントに。現在UTLでTT2の指導を担当。 

photos by Shoko Matsuhashi
hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.64掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
立位ポーズの安定が確実に!バランス力UP5つのコツ⑤
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する