女医に聞く!「生理中のデリケートゾーン」の正しいケアとは?

Kenji Yamada

女医に聞く!「生理中のデリケートゾーン」の正しいケアとは?

不快感が増す生理中のデリケートゾーン。生理痛なども重なると、憂鬱になってしまうことも。また、ムレることで、その後のデリケートゾーンのかゆみにつながってしまう心配もあり、きちんとケアしておきたいですね。そこで、膣ケアなど「美容婦人科外来」治療を行う、渋谷スキンクリニック院長の吉田貴子先生に生理中のケア方法を教えていただきました。

生理中の「デリケートゾーン」の正しいケア方法は?

生理中は、どうしてもデリケートゾーンがムレてしまいがちです。肌自体もいつもより敏感になっているため、かゆみなど不快な症状が現れることも。どのようにケアをしたらよいのでしょうか?

「生理中は、頻繁にナプキンを交換するのが一番です。同じナプキンをしていると、いくら吸収が良くなって、肌触りがさらっとしているといっても湿気はこもっています。2,3時間を目安にこまめにナプキンを交換しましょう。また、長時間安心というタイプのナプキンもありますが、経血の吸収量が多いというだけで、ムレてしまうことに変わりはありません」(吉田先生)

仕事でどうしてもトイレに行けない場合を除き、こまめな交換がよさそうです。さらに、デリケートゾーン用のウェットティッシュも有効だそう。

「1回分ずつの個包装になったデリケートゾーン用のウェットティッシュも売っていますし、赤ちゃんのおしりふきで代用してもいいですよ。きれいに拭いて、その後乾かすことができれば一番いいですね。ウェットティッシュで拭いた後に、乾いたティッシュで軽く拭くだけでも違います。周りの汗も一緒に拭いておきましょう。また、ムレないように気をつけ、雑菌が繁殖しにくいように硫黄配合の石けんを使用するなど、清潔にすることも大切です」(吉田先生)

女医に聞く!生理中のデリケートゾーンの正しいケアとは?
photo by Kenji Yamada

photos by Kenji Yamada
text by Yuri Hayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

女医に聞く!生理中のデリケートゾーンの正しいケアとは?
女医に聞く!生理中のデリケートゾーンの正しいケアとは?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する