野沢和香が指南!視野が広く、おおらかになる「チャクラ」の整え方

Ikken Urakawa

野沢和香が指南!視野が広く、おおらかになる「チャクラ」の整え方

【野沢和香のしあわせチャクラヨガ】連載第6弾。ヨガに出会うと必ず出会うのがチャクラのこと。とはいえ、なかなか学ぶ機会もないし、スピリチュアルで難しそう……と尻込みしがち。そこで、チャクラについて学び、知ることで自分をより深く知ることができ、自分を癒すことにもなるという野沢和香さんに、チャクラのことを教えてもらいました。

チャクラとは

心と体のエネルギーをコントロールするエネルギースポット。

今回のチャクラ:アジュナチャクラ

チャクラ
Photo by IKKEN URAKAWA

静けさの中で本領を発揮し、人生を導く直感力を司る「アジュナチャクラ」。このチャクラは「第3の目」といわれる眉間にある、第6のチャクラです。直感や必要な気づきを与え、より良い方向に導いてくれる役割があります。また、自分と自分を取り巻く環境をおおらかに見守る力も司っています。

このチャクラが整っていると、考えや感情、状況をジャッジせず、俯瞰から観察することができます。例えば、イライラしている時は「私は今、イライラしている」ことをただ見守る。自分を否定せず、自分と調和することで、ストレスを減らせます。また、ふとした時に成長のヒントを見せてくれるのも、このチャクラの魅力です。

しかし、頭が働きすぎたり、狭い視野で感情や欲望にばかりとらわれていると、チャクラはバランスを崩し、必要なヒントや答えが得られません。これは「どこかに置き忘れた探し物を必死に探すも見つからず、いったん諦めた後、しばらくして部屋に戻るとふいに見つかる」ことに似ています。直感を働かせて欲しい答えを得るには、過多に考えすぎる思考をピタリと止めたり、自分の欲望をいったん手放すことが大切になります。

このチャクラは静けさの中で初めて、本来の力を発揮します。もちろん、常にバランスが整っていなくてOK。自分や周囲を「へぇ〜、今は○○なんだね」とおおらかに見守り、思考をストップさせることで、とても頼もしい人生の羅針盤となってくれるチャクラです。

Photos by Ikken Urakawa
Styling by Chie Hosonuma
yoga Journal日本版Vol.36掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

木のポーズ
チャクラ
野沢和香が指南!視野が広く、おおらかになる「チャクラ」の整え方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する