人間関係の悩みや自己嫌悪から解放される15の言葉|ヨガの教典に学ぶ

Getty Images

人間関係の悩みや自己嫌悪から解放される15の言葉|ヨガの教典に学ぶ

会社での人間関係に悩んだり、いろいろなことがうまくいかなくて自己嫌悪に陥ったときに。ヨガの教典「ヨーガ・スートラ」に学ぶ人生のヒント。

1.物事を見つめるときは体や呼吸とつながる

悩みや迷いと向き合うとき、頭に意識を向けると表面的な答えしか出てこない。体の深い部分に意識を向けて、本音を引き出そう。雑音を呼吸と一緒に吐き出すと集中できる。

2.苦しみを越えるにはしっかり観察すること

嫌なことの後に気分転換をしてリセットできたと思っても、それは忘れたふりに過ぎない。痛みは再燃するので、苦しみがやってきたらチャンスと思ってじっと観察してみて。

3.自分の気持ちに正直になる

ヨガのゴールは「自分の本質に気づくこと」。「自分に正直に」という意味の「サティア」という言葉があるが、自分にうそをついたらゴールには絶対にたどり着けません。

Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.26掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する