野沢和香が指南!自己評価が低い人へ…自分も他人も愛せる「チャクラ」の整え方

IKKEN URAKAWA

野沢和香が指南!自己評価が低い人へ…自分も他人も愛せる「チャクラ」の整え方

【野沢和香のしあわせチャクラヨガ】連載第4弾。なんだか難しそう……と敬遠しがちなチャクラのこと。そこでチャクラについて学びを深め、「チャクラを知ることは、自分探しの旅、ヨガそのもの」と語る野沢和香さんがチャクラとそれぞれの整え方をレクチャーします!

チャクラとは

心と体のエネルギーをコントロールするエネルギースポット。

今回のチャクラ:アナハタチャクラ

チャクラ
Photo by IKKEN URAKAWA

胸の中心にあり、バランスを司る愛と調和の「アナハタチャクラ」。

第4のチャクラ、ハートチャクラともいわれるアナハタチャクラは、胸の中心に位置します。自分を愛し、許し、認めて受け入れ、他者に対しても同じように愛を持って接することができるのは、このチャクラのおかげ。

また、スピリチュアルな部分とマテリアルな部分の橋渡しをするチャクラであり、バランスを司るチャクラです。第1 ~ 3 のチャクラは本能的なものですが、アナハタチャクラより上に位置する5~7のチャクラは、精神的なもの。このちょうど真ん中に位置するアナハタチャクラは、本能と精神のバランスや自分の内側と外側、理想と現実、過去と現在などのバランスをとるチャクラです。

このチャクラがきちんと機能しているとき、欠点も含めた自分、自分とは違う他者を認めることができるので、無償の愛を自分にも人にも捧げることができます。自分の個性や本心を理解し、ときに生かし、ときに癒しながら、ポジティブに前進していけるのです。さらに、そのポジティブなエネルギーを他者にも与え、調和的に生きることができます。

でも、このチャクラが閉じていると、外に愛情を求めてしまいます。感情を押し殺し、愚痴っぽくなったり、思いやりが持てなくなったり。そんなときはまず、そんな自分を受け入れてあげましょう。自分の嫌な所も認め、愛情を注ぎます。「アナハタ」は音のない音という意味。声にならない内側の声をきちんと聞いてあげましょう。

当てはまる症状がある人は要注意。チャクラバランスをチェック!

☑自己中心的
☑見返りを求める
☑感情を抑えがち
☑意地悪になる
☑思いやりがない
☑人を利用価値で判断する
☑自己評価が低い
☑何をしても感動が薄い
☑猫背
☑呼吸が浅い
☑風邪をひきやすい

Photos by Ikken Urakawa
Styling by Chie Hosonuma
yoga Journal日本版Vol.34掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アナハタチャクラ エーカ・パーダ・ラジャカポターサナ
チャクラ
アナハタチャクラ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する