妊婦さん必見!たった2つ意識するだけ簡単ヨガで、ママも赤ちゃんもリラックス♡

Getty Images

妊婦さん必見!たった2つ意識するだけ簡単ヨガで、ママも赤ちゃんもリラックス♡

妊娠が分かり嬉しい気持ちもある中、妊娠中は人によって様々なトラブルに悩まされるものですよね。なかなか誰かと共有しにくかったり、旦那さんは理解してくれないなど孤独を感じる時もあるかも。そんなトラブルと上手に付き合っていく方法の1つとしてヨガを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

意識するだけヨガを日常に取り入れてみよう

ヨガブームと共に、妊婦さん向けのマタニティヨガやお子さんも一緒に出来るキッズヨガのクラスも多くなってきました。また地域の母親学級の中でもヨガのポーズを教わった妊婦さんもいるでしょう。それまでヨガを習慣化していた人はもちろん、妊娠を機にヨガを始めたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

体調が良ければスタジオへ通うことが出来ますが、妊娠中はなかなか安定しないもの。本当は通いたくても通えなかったり、つわりがきつくて外出しにくい、近所でマタニティのクラスがない、ヨガに慣れていないからついていけるのかと不安もあるかも。体調の変化に伴って、精神的にも不安な日々を過ごすこともある妊婦さんこそヨガを日常に取り入れたいもの。意識するだけでお家でもオフィスでも出来る、簡単ヨガで体も心もリラックスして過ごしましょう!

座位のポーズでママも赤ちゃんもリラックス

妊婦さんは今までなんともなかった座り方に苦痛や違和感を感じやすくなります。またどんどんお腹が大きくなると共に重心が前になるので、自然と猫背になりやすくなってしまい腰痛・肩こり・お腹の赤ちゃんもスペースが少なくなる等、居心地悪く感じてしまいます。こんな時に実践したいのはヨガの基本の座位のポーズ、スカーサナ(安楽座)です。

スカーサナ

座位のポーズでママも赤ちゃんもリラックス
詳しいやり方はこちら
  1. あぐらになります。この時に背中が丸まってしまう、重心が後ろにいってしまう、股関節周りに違和感を感じる場合はクッションをお尻の下に挟んで少し高さを出してみましょう。
  2. お尻のお肉を左右にかきわけて、座骨(お尻の骨)で床をとらえます。
  3. 頭の上と天井が1本の糸でつながっているイメージを持って、背筋をすーっと伸ばしてみましょう。

デスクワークの多い妊婦さんは特に猫背になりやすくなります。イスの上にクッションを挟み背筋を伸ばしやすくしてみましょう。内臓が圧迫されがちな妊娠中でも、この姿勢を意識することで上半身にスペースがうまれ楽に感じます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

座位のポーズでママも赤ちゃんもリラックス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する