マタニティヨガ:こわばりや痛みを和らげる「セルフ筋膜リリース」って?

YJ US

マタニティヨガ:こわばりや痛みを和らげる「セルフ筋膜リリース」って?

Allie Geer
Allie Geer
2018-04-06

マタニティヨガを教えるヨガ講師、アリー・ギアが、セルフ筋膜リリース(SMR:筋膜をほぐすために自分で行えるプラクティス)を実演してくれた。このプラクティスは、妊娠期特有の筋膜のこわばりや痛みを和らげ、さらに可動域を拡げてくれるだろう。

妊娠期を通じて、私の体には毎朝、新たな挑戦がもたらされていました。朝起きると、体のそこここで、これまで知らなかった部位が硬くなっているのを感じて、眠っている間にひとつの姿勢を長くとり続けると、痛みやこわばりを感じました。妊娠期に分泌されるホルモンによって、骨盤周辺の靱帯の緊張が解けてゆるんだ結果として、関節があちこち不安定になっているのも感じました。いつもやっているヨガプラクティスにセルフ筋膜リリース(SMR)を加えることによって、毎日の痛みや緊張がとても楽になり、より動けるようにもなったのです。

セルフ筋膜リリース(SMR)って何?

セルフ筋膜リリース(SMR)は、筋膜をほぐすことに特化したプラクティスで、ボールの使用を取り入れたもの。体にあるトリガーポイントに狙いを定め、動きの感覚を高め、筋膜や結合組織をリリース、あるいは再構築するものである。  
筋膜は頭からつま先まで体の全身に存在しており、組織の連続した結合。筋膜こそが、体内のあらゆるものを結合し、保護し、空間を埋め、部分相互のやり取りを成り立たせ、連携させている。筋膜はまた傾向として固まってしまったり、きつくねじれてしまったりしやすい。そういった場合、時には体に鋭い痛みを引き起こすこともある。これにはたくさんの悪影響がある。私たちの体組織を最も健康的な状態に保とうと思ったら、いちばん大事なことは「可動性」である。妊娠しているかどうかにかかわらず、SMRは動くことのできる範囲を拡げ、循環を改善し、痛みをやわらげ、リラクセーションをうながす。

マタニティ向けセルフ筋膜リリース

以下に紹介するプラクティスは、医師、または助産師などから運動を許可されていれば、妊娠中のどの段階でも行うことができる。


必要なもの:ブランケットブロックボルスター、テニスボール2つ(あるいは筋膜リリース用ボール)。体を支えるため壁を使うことをお勧めします。プラクティス中は、水分補給を十分に行うように気をつけてください。

1. 腹式呼吸

マタニティヨガ
(Photo by YJUS)

ボルスターまたはブランケットを用いて支えとし、その上に腰を下ろす。膝が寛骨(骨盤を形成する左右一対の大きな骨)の前方部より下になるように座る。意識を呼吸に向け、腹部が上下するのを観察する。お腹の周辺に感じられる感覚に意識を向ける。赤ちゃんからもたらされる感覚もあるかもしれない。2,3分かけて、感覚を集中させてみる。骨盤が重く感じられ、下に敷いた支持物にしっかりと根を下ろせるようにする。肩と首の周りの力を抜く。
片手を心臓の上に、もう片方の手をお腹の上におく。いっぱいに吸い込み、完全に吐ききる。腹部への意識をさらに深め、3〜4カウントかけて息を吐く間に、おへそを脊椎に向かって引きつけるようにする。背中の上部や肩、首などに力が入ってしまわないように気をつける。体の芯から赤ちゃんを抱きしめるイメージをしてみよう。これを10〜15回繰り返す。

Translated by Miyuki Hosoya

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
マタニティヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する