開脚しやすくなる裏技ワーク|「関連部位」の刺激で体が変わる!?⑤

Photo by Shoko Matsuhashi

開脚しやすくなる裏技ワーク|「関連部位」の刺激で体が変わる!?⑤

人気ヨガティーチャーの鈴木伸枝先生が、自身のプラクティスにも取り入れている「龍村式 柔軟性を高める簡単ワーク」を紹介! 龍村式メソッドでは、手指、足指、腕、脚、顔など、体が硬いなど不調を感じる場所の「関連部位」を刺激することで、全身で行うヨガに類似した効果を出し、心身のバランスを整え、エネルギー(気)の 流れを良くして、緊張や凝りを和らげることができるそう。

習慣的に内腿をストレッチしてみて!焦らずに毎日続けることが大切

開脚に必要なのは、腿の内側にある内転筋の柔軟性です。日常で脚を開く動作は少なく筋肉は使わないと硬くなるため、お風呂上りなど筋肉がほぐれているときに開脚を習慣的に行うと徐々に柔らかくなります。即効性を求めて無理をすると股関節を痛めるので、焦らずに毎日続けることが大切。

今回ご紹介する龍村式メソッドは、足の薬指を刺激&手の親指・小指を開くワーク。開脚ポーズの前に行うと変化を実感でき、苦手意識を払拭できるはず。(鈴木伸枝先生)

photos by Shoko Matsuhashi
text by Ai kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

足の薬指を刺激するワーク
開脚しやすくなる足の薬指を刺激するワーク
手の親指と小指を開くワーク
開脚のBEFORE
開脚のAFTER
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する