胃腸の疲れを緩和する裏技ワーク|「関連部位」の刺激で体が変わる!?⑧

Shoko Matsuhashi

胃腸の疲れを緩和する裏技ワーク|「関連部位」の刺激で体が変わる!?⑧

人気ヨガティーチャーの鈴木伸枝先生が、自身のプラクティスにも取り入れている「龍村式 凝りや痛みなどの不調を緩和する簡単ワーク」を紹介! 龍村式メソッドでは、手指、足指、腕、脚、顔など、不調を感じる場所の「関連部位」を刺激することで、全身で行うヨガに類似した効果を出し、心身のバランスを整え、エネルギー(気)の流れを良くして、人間本来が持っている自然治癒力を高めることができるそう。即効性のあるワークなのでぜひトライして、凝りや痛みの解消など体の変化を体感してみてください! 座ったままできるワークも多いので、仕事中に不調を感じた際デスクで行うのにもおすすめです。

消化の悪い脂っこい食事、体を冷やす白砂糖や添加物はできるだけ控えよう

胃腸に現れる不調の多くは、食生活に原因があります。例えば、消化の悪い脂っこい食事、体を冷やす白砂糖や添加物を含む食品を好む人は、胃腸に負担をかけている可能性が。また、この機会に食べ方にも気をつけて。「お昼の時間だからお腹が空いていないけど食べる」のではなく、空腹感を覚えたときに、体が欲しているものをバランス良く、腹八分目を心掛けて食事をしましょう。そして、過度なストレスも胃腸の不調を招くので気分転換や十分な休息も忘れずに。

今回ご紹介する龍村式メソッドは、手のひらを刺激&仰向けのツイストを行うワーク。胃もたれや胃痛を感じたときにぜひトライしてみてください。(鈴木伸枝先生)

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

胃腸の疲れ
胃腸の疲れ
胃腸の疲れ
胃腸の疲れ
胃腸の疲れ
胃腸の疲れ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する