内臓の位置が下がると消化力ダウン?鋤のポーズでヤセやすい体を作ろう

PIXTA

内臓の位置が下がると消化力ダウン?胃腸を活発化させる鋤のポーズ

消化機能のコンディションが乱れていると、消化力が低下し、ヤセにくい体に。特に、内臓の位置が下がっていると胃腸の働きが低下し、消化力低下につながります。

鋤のポーズで消化力をアップ!

背骨の柔軟性を高め、下がり気味な内臓を正常な位置に戻すことで胃腸の働きが活性化。喉元の甲状腺も整えられるので代謝も上がる。

胃腸の働きを活性化させヤセやすい体に!
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

仰向けになり、膝を曲げて脚を胸に引き寄せる。お尻を持ち上げ、両手で腰を支えて足先を頭の先へ。肘を伸ばして両手を組み、3呼吸キープ。

POINT

胃腸の働きを活性化させヤセやすい体に!
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

肩から坐骨までを床と垂直に保つ。背骨のストレッチは、自律神経の調整に効果的。

 

足先が床につかない場合は

胃腸の働きを活性化させヤセやすい体に!
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

足先が床につかない場合は両手で腰を支え、床から脚を浮かせても◎。脚は床と平行になるように維持。

 

教えてくれたのは…渋木さやか先生

ヨガインストラクター、コラムニスト。本格的なヨガクラスの他、ヨガライフアドバイザーとして、古代の智慧を現代女性に伝授している。ブログ「YogaCittahttp://ameblo.jp/padoma/

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up Aya Hirokawa
Text by Ai Kitabayashi Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.42掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

胃腸の働きを活性化させヤセやすい体に!
胃腸の働きを活性化させヤセやすい体に!
胃腸の働きを活性化させヤセやすい体に!
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する